「重圧のなか期待を裏切らなかった」久保建英のEL初戦をスペイン人記者はどう見たのか?「エメリ監督は難しい立場に…」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2020年10月24日

批判を浴びたエメリ監督も久保を称賛

シワススポル戦で1ゴール・2アシストの活躍をみせた久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)を巡る起用法について様々な論争が巻き起こっているのは繰り返しお伝えしている通りだ。

 ただ、当の本人からすれば、より多くの出場機会を与えられるという希望は持っていただろうが、入団当初から定位置を勝ち取ることが難しいことは十分に覚悟していたはずだ。さらにラ・リーガと並行して行われるヨーロッパリーグの開幕が自分をアピールするための絶好の機会になることも頭に入っていたことだろう。

 しかし、周りがそれを許さなかった。ベンチを温める機会が増えるにつれレアル・マドリー寄りのメディアを中心に待望論が高まり、それは自ずとタケに対する重圧となっていった。

 そして迎えたヨーロッパリーグ初戦となるトルコのシウススポル戦。タケのプレーにはウナイ・エメリ監督、ビジャレアルのファン、われわれ記者、レアル・マドリーの取り巻き連中、そのお抱えメディア、そして母国日本人のファンと多くの人間が注目していた。

 すなわちタケは非常に難しい状況の中で、待望の試合に臨んだのだ。これは選手にとって、ましてや弱冠19歳の青年にとって決して簡単なことではない。過度な重圧に押しつぶされて、自分のプレーを発揮できない可能性は十分にあった。

 しかしタケは期待を裏切らなかった。1得点2アシストの活躍で、チームの勝利(5-3)に貢献。攻撃を牽引するだけでなく、守備でも奔走し、一つ一つのプレーに集中してピッチを駆け回り続けた。タケは改めて、その才能の高さとメンタルの強さを見せつけたのだ。

【動画】得意の左足で正確なショット!久保建英の今シーズン初ゴールはこちら(14秒~)
 そのタケの活躍を真っ先に祝福したのが、騒動のもう1人の主役、エメリ監督だった。「タケの働きぶりは素晴らしかった。われわれが求めている役割をそのまま実行に移してくれた。ゴールやアシストを挙げただけでなく、守備面でもハードワークを欠かさなかった。われわれが要求していることをね」

 個人スタッツに目を向けると、タケは90分フル出場。1ゴール・2アシストの他に2度のボール奪取、4本の自チームに有利なシチュエーションを作るパス、1度のドリブル成功、3度のFKの獲得、39のパス総本数のうち成功率79.5%を記録した。

 ポジションは当初は左サイドハーフが有力視されていたが、4-2-3-1の2列目の中央でプレー。中盤と最前線を繋ぐ役割を担いながら、シュートやラストパスとフィニッシュにも積極的に顔を出し、先制ゴールも2点目のアシストもまさにそうした流れから生まれたプレーだった。また右サイドハーフに入ったサミュエル・チュクウェゼと息の合ったプレーを見せ、とりわけ開始20分は2人のコンビから相手守備陣を混乱に陥れた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ