「この送り出し方最高だな」「絶対応援してるぞ!」横浜移籍のGK高丘陽平に向けた鳥栖の惜別動画にファン感激!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月23日

「寂しいけど、新しいチャレンジを応援しています」

横浜への移籍を発表した高丘。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 10月23日、サガン鳥栖から横浜F・マリノスへの完全移籍を発表したGK高丘陽平。その決断を受けてクラブが投稿した惜別動画が話題になっている。

 横浜市出身で24歳の高丘は、横浜FCの下部組織から2014年にトップチームへ昇格。その後18年に鳥栖へ渡り、今季は公式戦17試合に出場していた。

 シーズン終盤での突然の離脱となるだけに、鳥栖にとっては大きな痛手となることは間違いない。それでも、わだかまりのようなものは一切ないようだ。クラブは移籍当日に「寂しいけど、新しいチャレンジを応援しています。また会いましょう」と綴り、公式ツイッターに2分20秒の映像を公開した。

 「キミは最後の砦であり、最初のアタッカーだった」という熱いメッセージで始まるこの映像では、ファインセーブや正確無比なロングフィードなど、これまでの名プレーを凝縮。そして終盤は高丘が言葉を詰まらせながらも「たくさんの方の応援を背にプレーできたことは、自分の中のひとつの大事な宝物」と感謝の思いを伝えている。

 この胸に染みる感動的な動画には数多くのファンが反応。次のような感想やエールが寄せられている。
 
「寂しすぎます」
「また会いたい」
「仕事中にこっそりこの動画見て泣きそうになった」
「高丘選手は紛れもなく『サガンの守護神』でした」
「この送り出し方最高だな」
「クラブ、ファン、サポーターからどれだけ愛されていたかが伝わってくる」
「今までありがとう!!ACL優勝しろよ!!」
「絶対応援してるぞ!」
「頑張って日本代表まで登り詰めろよな!」

 また、高丘本人もこの動画に反応。この投稿を引用する形で「サガン鳥栖に関わる皆様本当にありがとうございました!最高に充実した在籍期間の2年7か月でした。鳥栖でプレーできた事は僕の誇りです。それを胸に新天地でも頑張ります!皆さま、またお逢いしましょう!!いってきます!」と改めて力強いコメントを寄せている。

 コメント欄は温かいメッセージで溢れていたように、多くの人に愛された高丘。それに報いる一番の恩返しは、生まれ故郷でもある新天地で結果を残すことに他ならない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「また会いましょう」鳥栖が高丘へ送る胸熱映像はこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ