【鹿島】「借りを返すだけ」リベンジ誓う“申し子”和泉竜司。勝利呼び込むゴールを期待

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年10月23日

「点を取って勝てればベスト。そこは狙い続けています」

ここまでの全25試合に出場中の和泉。次節のホーム広島戦でもチャンスメイクだけでなく、勝利を呼び込むゴールを期待。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト編集部)

画像を見る

 ザーゴ・アントラーズの申し子、と言っても過言ではないはずだ。

 ここまで25試合を消化したなかで、チームで唯一、全試合に出場しているのが和泉竜司だ。先発は18試合、途中出場は7試合。累積警告による出場停止も、負傷欠場もなし。トータルのプレータイムは上から数えて6番目の数字だが、常にメンバー入りし、ピッチに立って、チームを支え続けている。

「調子が良い時も、コンディションが良くない時でも、使ってくれている監督やスタッフには本当に感謝しています。自分ができることや、チームを勝たせること。そういうプレーを含めて、監督やスタッフのために戦う気持ちは持っています」

 豊富な運動量をベースに、攻守の両局面でハードワークをこなす。確かなテクニックで局面を打開すれば、献身的なディフェンスでピンチを未然に防ぐ。そのパフォーマンスは安定感があり、主戦場の左サイドで存在感を放つ。

 過密スケジュールでもタフに戦い続けている。「食事や睡眠はしっかりとるように心掛けていますし、あとは交代浴などチームでも疲れを溜めないように取り組めている」と、身体の調子は良い状態をキープできている。

 ゴール数は3。決して多くはないが、いずれも先制点を挙げた9節・鳥栖戦(〇2-0)と14節・名古屋戦(〇3-1)、貴重な追加点をマークした前節の神戸戦(〇3-1)と、和泉が得点したゲームはすべて勝利している。

「点を取って勝てればベスト。そこは狙い続けています。ただ、チームが勝つことが一番なので、そのためにやるべきことをやって、そのなかで自分の得点やアシストで勝利に貢献できればいい」
 
 4試合ぶりのホームゲームとなる次節は、広島と対戦。開幕戦で0-3と手痛い敗戦を喫した相手だ。「非常に悔しい想いをしているので、ホームで借りを返すだけ」と言葉に力をこめる和泉は、「そのために、チームとしても準備している」と続ける。

 リベンジを果たすなかで、自身のゴールがその力添えになれば理想的だ。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ