「個人技による名誉あるゴールだ」堂安律がCL王者バイエルンから奪ったブンデス初ゴールを独メディアが称賛!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月18日

チームは大敗も孤軍奮闘

攻撃の中心としてチームを牽引した堂安。(C) Getty Images

画像を見る

 ビーレフェルトの堂安律が10月17日、絶対王者のバイエルン戦でブンデスリーガ初ゴールを奪取。1ー4で大敗を喫したチームにあって、孤軍奮闘を見せた。

 最初の見せ場は、2点を先行されて迎えた33分だった。ペナルティエリア右でボールを持った日本代表MFは、中央へ切れ込み左足でシュート。GKマヌエル・ノイアーにキャッチされたものの、バイエルンゴールを脅かした。

 さらに47分には、敵陣中央から絶妙なスルーパス。これに反応したクリスティアン・ゲバウアーがGKと1対1を決め切れず、アシストとはならなかったが、絶好機を創出した。

 そして、最大の見せ場が訪れたのが、0-4で迎えた58分だ。カウンターから、ゴール右でパスを受けた堂安が、ペナルティエリアに侵入すると、得意の左足で狙うかと思いきや、ワンフェイクから右足でシュート。これが鮮やかにゴールネットを揺らした。この試合で堂々としたプレーを披露していた22歳が欧州王者から奪ったこの得点は、待望のブンデス初ゴールとなった。
 
 ドイツのサッカー専門誌『kicker』は、マッチレポート内で「PSVからレンタル中の俊敏な日本人選手ドウアンがゴールを奪った」と紹介。また『Bild』紙は「ドウアンの個人技による名誉あるゴール」と称えている。

 チャンピオンズ・リーグ王者から奪ったセンセーショナルな初ゴールは、“ドウアン”の名を世界に轟かせるに十分なはずだ。この1点をきっかけに、さらなる飛躍を期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】右足で名手ノイアーの牙城を破る!堂安律のブンデス初ゴールはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ