“11人のうちのひとり”では…日本代表・堂安律が明かした“格落ち”のレンタル移籍を選んだワケ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月08日

「違和感を持ちながら1年間プレーしていた」

日本代表のオンライン会見に応じた堂安。移籍の決断についても語った。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 9日にカメルーンとの国際親善試合を行なう日本代表は10月8日、オランダ・ユトレヒトで合宿4日目を迎えた。オンライン会見では今季ドイツのビーレフェルトに移籍した堂安律が取材に応じ、約1年ぶりとなる代表戦への決意のほか、自らの去就に関する想いなどを打ち明けた。

【画像】森保ジャパン欧州遠征の予想布陣は?

 まず翌日に迫ったカメルーン戦について堂安は「楽しみという気持ちが強い」としつつも、「1年ぶりの代表戦で僕たちの姿をしっかり見せなくちゃいけないという気持ちもあるので、楽しみだけがすべてをしめているわけではないが、その半分半分の気持ち」と心境を述べた。

 今回の代表活動を前に堂安自身の環境は大きく変化した。オランダ1部の強豪、PSVから今季からドイツ1部に参戦するビーレフェルトへレンタル移籍。新たなクラブ、新たなリーグでのチャレンジを迎えている。

 そうした環境の変化に伴う、自身の変化について堂安は次のように語る。
「この1年でいろんなところで変化はあった。移籍して環境が大きく変わって、頭の中でいろんな整理をした。(移籍は)純粋にサッカーが上手くなるための環境を選ぼうということでの決断。技術とかよりもメンタル的な変化が大きかったと思う」

 今回のレンタル移籍にも堂安なりの理由がある。「チームの格で言えばもちろんPSVのほうが上」なのを承知で、ドイツの昇格チームへの移籍を選んだのは、「あと2枚、3枚化けるために、大きな成長曲線を描くために、大きな環境の変化が必要と考えた」からだ。

「PSVで活躍した方がビッグクラブに行ったり、自分が成長するための近道に見えがちだけど、やっている僕からすると、少し違和感を持ちながら1年間プレーしていた。少し遠回りに見えるような道でも僕にとっては、そこが近道だと感じた決断だった」

 その“違和感”の理由を「PSVにこのままいると、スタメン11人のうちのひとりになってしまうんじゃないかというのがあって」と打ち明けた堂安。「やっぱり特別な選手になりたいし、違いを生み出せる選手になりたい」と、持ち前の上昇志向の強さも覗かせた。

 代表においても久保建英(ビジャレアル)や伊東純也(ヘンク)の台頭があり、自身の立場は絶対的なものとは言えないだけに、やはり内容はもとより結果が欲しいところ。カメルーン戦に向けては「自分の特徴であるゴールに向かっていくプレーを出していきたい」と意気込みを見せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ