韓国メディアは森保Jの2020年初勝利をどう見た?「植田の投入が神の一手に」「決定力不足で得点に失敗」

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2020年10月14日

「日本は久保が活発な動きで攻撃を主導するも…」

韓国メディアが日本代表のコートジボワール戦を一斉に報じた。写真:龍フェルケル

画像を見る

 オランダのユトレヒトで行なわれた日本代表対コートジボワール代表の国際Aマッチ。途中出場の植田直通が後半アディショナルタイムに決めた決勝ゴールで、森保ジャパンが1-0と勝利を収めたこの試合は、韓国でも詳しく報じられている。

 韓国の報道では、「“植田劇的ゴール”日本、コートジボワールに1-0辛勝…10か月ぶりのAマッチで勝利」(スポーツ芸能メディア『OSEN』)というように、終了間際の得点に着目するメディアが複数見られた。なかでも、「日本、コートジボワールに1-0勝利…終盤投入の植田が劇的決勝ゴール、欧州遠征1勝1分」と見出しを打った経済メディアの『Mediapen』は、試合内容についてこう伝えている。

「試合は五分五分で進められたが、得点はなかなか生まれなかった。日本は久保が活発な動きで攻撃を主導するもゴールを決められず、コートジボワールもペペを中心に攻撃を展開したが、ゴールには至らなかった。(中略)植田の投入が神の一手になった。後半アディショナルタイム、柴崎が右から上げたクロスに植田が頭で合わせ、コートジボワールのゴールを破った。試合終盤に生まれた日本の勝利を確定する決勝ゴールだった」
 
“両チームとも決定機をモノにできなかった”というのはどのメディアも共通認識なようで、ネットメディア『news1』が「日本は久保を前面に出してコートジボワールのゴールを襲ったが、最後の決定力不足で得点に失敗、0-0の引き分けで試合を終えるかに見えた」と報じれば、サッカー専門メディア『Inter Football』も「得点は簡単には生まれなかった。コートジボワールはペペとジェルビーニョを中心に攻撃を展開したが、何度かあったチャンスを活かせず、日本の反撃も失敗に終わった」と伝えていた。

 一方、スポーツ芸能メディア『SPORTAL KOREA』は来月にアフリカネーションズ・カップ予選を控えたコートジボワール側に注目。「この日、コートジボワールは欧州組で構成された日本の最精鋭を迎え、力不足だった。チームの中核を担うウィルフリード・ザハの空白が大きかった。攻撃は貧弱で、守備は終盤の集中力不足を露呈した。来月のアフリカネイションズカップを控え、憂慮を抱かせるには十分だった」と厳しく評価していた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ