「日本に完敗した」敗戦したコートジボワール代表に海外メディアが嘆きの声!「ベルギーとは善戦したのに…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月14日

「日本に完敗した」

ゴールを決めた植田を祝福する日本代表と、がっくりと肩を落とすコートジボワール代表。 (C)Getty Images

画像を見る

 日本代表にとって劇的な2020年初勝利であった一戦は、対峙したコートジボワール代表にとっては、散々な評価を呼ぶ痛恨の黒星だったようだ。

 森保一監督のもと、日本代表の選手たちはカメルーン戦に続く親善マッチ第2戦に臨んだ。先発メンバーは鈴木武蔵、鎌田大地、久保建英らが加わって一新。選手たちはアフリカの強豪コートジボワールと互角以上に戦い、後半アディショナルタイムに交代直後の植田直通が決勝点を挙げ、試合を決めた。

 この勝負に敗れたアフリカのチームについて、スポーツチャンネル『beIN SPORTS』フランス版は「コートジボワールは日本に完敗。悲しい結果に終わってしまった」と伝えている。

「つい先日、FIFAランキング王者のベルギーに1-1と善戦したエレファンツ(コートジボワール代表の愛称)。確かに、ウィルフリート・ザハらの離脱も響いたと言わざるを得ない。エレファンツの惜しいと呼べるシュートは何本あったか。ターゲットを捉えていたのは1本だけ!」

 

 さらに、嘆きはこう続いている。

「見応えのない内容で、サムライブルーが優位に立つことができた試合だった。最後はナオミチ・ウエダのゴールですべてが決まった。ベルギー戦の善戦はどこへやら、これまでにアフリカ・ネーションズカップを二度制した王者は、悪い結果で(アフリカ予選前の)合宿を終えている」

 ベルギーとの試合で期待感が高まり、日本戦も終盤まで無失点を守っていただけに、コートジボワール側としては落胆も大きかったようだ。同メディアは指揮官も「最後に集中が切れて、試合を台無しにしてしまった」と悔やんでいると伝えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【コートジボワール戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、岩政大樹、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本1-0コートジボワール|採点&寸評】出場直後の植田が値千金弾!!鎌田、吉田らも攻守で奮闘
「洗練された日本の軍門に降った」とコートジボワールの母国メディアは嘆き節。「シバサキに息の根を…」
「日本は自信に満ち溢れていた!」コートジボワール撃破の森保ジャパンを仏メディアが絶賛!
「これがコートジボワールの惨状」アフリカ・メディアは日本戦の敗北を激しく糾弾!「ウエダに痛烈な一撃を…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ