「本当にいいボールが来た」後半AT弾の植田直通は鹿島の先輩に感謝! 狙い通りだったことも明かす

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月14日

植田は88分に途中出場で大仕事

決勝ゴールを奪った植田。写真:龍フェルケル

画像を見る

 現地時間13日、オランダ・ユトレヒトで日本代表はコートジボワール代表との国際親善試合を行ない、植田直通の決勝弾で1対0で勝利を収めた。

 2020年初戦となったカメルーン戦(0-0)から7人を入れ替え、久保建英や鎌田大地、鈴木武蔵らが先発に名を連ねた試合は、立ち上がりから好機を迎えるも前半は得点が生まれずスコアレスで折り返す。
 
 後半に入り58分、日本はビッグチャンス。鎌田が華麗なテクニックでペナルティエリア内に進入。そのまま右足で強烈なシュートを放つが、GKにはじかれる。さらにこぼれ球に再び鎌田が反応するも、GKに防がれ先制点とはならない。

 たまらず61分以降には、南野拓実や原口元気ら攻撃的なカードを続々投入。膠着状態の続くなかで打開にかかる。しかしどうしても得点は生まれない。

 それでも、そのまま試合終了かとも思われた91分。土壇場でついに均衡が崩れる。敵陣中央でFKを獲得すると、キッカー柴崎岳がクロス。これに途中出場の植田がヘディングで叩き込み、ゴールネットを揺らした。

 そして試合終了のホイッスル。植田の見事な代表初ゴールで1-0、日本は2020年初勝利を収めた。

 試合後、値千金の決勝点を奪った25歳は「本当にいいボールが来たので、岳君に感謝」と鹿島アントラーズ時代の先輩でもある柴崎に感謝のコメント。また、「セットプレーでチャンスがあれば1点狙おうと思ってた」と狙い通りの一発だったことも明かしている。

 88分に投入された大型DFのアディショナルタイムのゴールでなんとか勝利をもぎとった日本。反省すべき点も多々あるが、強豪相手から奪い取ったこの1勝は、非常に価値の大きな1勝であることは間違いない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【代表PHOTO】日本1-0コートジボワール|植田が劇的決勝弾!ペペ、ジェルビーニョら強力攻撃陣を抑え、2020年初勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ