横浜、後半の4発で大分を突き放す!2ゴールのエリキはここ8試合で10発と勢い止まらず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月10日

前半は大分の粘りにノーゴールも後半一気に爆発

大分戦で2ゴールを決めたエリキ。今季通算11点目とした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは10月10日、各地で21節の9試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜F・マリノス対大分トリニータの一戦が行なわれ、ホームの横浜が4対0で快勝した。

 試合は前半から横浜がペースを握るも、大分の粘り強い守備に遭い、得点を奪うには至らない。しかし後半、一気に横浜の攻撃力が爆発。55分、ティーラトンのクロスからこぼれ球に反応した松原健が左足を振り抜くと、抑えの効いた鋭いシュートがネットに突き刺さる。横浜が均衡を破った。

 するとここから横浜がゴールラッシュ。65分に敵陣でボールを奪い、そのままジュニオール・サントスがゴール右隅に強烈なシュートを叩き込む。横浜がリードを広げる。横浜はさらに75分、87分と好調のエリキがいずれも強烈な右足のシュートでネットを揺らし、4対0とする。エリキは今季通算11得点とし、ここ8試合で10発の荒稼ぎ。すさまじい勢いでゴールを量産中だ。

 結局試合は4対0でタイムアップ。ホームの横浜が快勝を収めた。横浜は3試合ぶりの勝利で、勝点を37に伸ばした。一方の大分は勝点28にとどまっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】松原がゴールラッシュの口火を切る鮮烈なミドル弾!
【関連記事】
柏がオルンガ&江坂の4得点で逃げ切り勝ち! 神戸、反撃虚しく連勝は4でストップ。三浦新体制初黒星…
「サバイバルの始まり」の風が吹いたカメルーン戦。人材豊富な国内組の融合を考える
【セルジオ越後】森保監督の手腕に“改めて”疑問符!1年ぶりの代表戦もフタを開けてみれば…
名古屋、マテウスの劇的AT弾でセレッソ大阪の堅守を打ち崩す!2戦連続の1-0勝利
「軌道が美しい」「判断も技術も素晴らしい」Jリーグが9月度の月間ベストゴールを発表!J1では清武弘嗣の起死回生の一発が選出
国内組も招集可能? 11月の代表戦開催に朗報! 政府が「帰国後2週間の待機」を免除へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ