名古屋、マテウスの劇的AT弾でセレッソ大阪の堅守を打ち崩す!2戦連続の1-0勝利

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月10日

両チーム守護神がファインセーブ

アディショナルタイムに劇的な決勝弾を決めたマテウス。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは10月10日、第21節の9試合を各地で開催した。パロマ瑞穂スタジアムで行われた名古屋グランパスとセレッソ大阪の一戦は、1-0でホームの前者が勝利を収めた。

 5位の名古屋は前節からメンバー変更は無いものの、システムを従来の4-2-3-1から4-4-2へ変更。金崎夢生と前田直輝が2トップの形をとり、C大阪に合わせミラーゲームを仕掛けた。

 3位のC大阪は前節からの変更は1人。奥埜博亮に代え柿谷曜一朗が2試合ぶりの先発。左サイドに入った清武弘嗣と同時起用で堅守名古屋の守備陣攻略を狙う。

 台風の影響も懸念されたが、風も少なく小雨で始まった試合は、両チーム高い集中力で持ち前の堅守を発揮する。

 名古屋は、12分にC大阪の片山瑛一からのパスに抜け出した柿谷にペナルティエリア内からシュートを打たれるが、GKランゲラックが好セーブ。ピンチを凌ぐ。

 さらに13分にはCKを与えてしまい、ペナルティエリア内の競り合いでSB吉田豊が腰のあたりを抑えて倒れ込む。一度はプレーを再開させたものの、再びピッチに倒れ込み29分に成瀬竣平と交代を余儀なくされた。
 
 一方のC大阪も35分、成瀬、マテウスとサイドを攻略され、クロスボールを金崎にコースを突いたヘディングシュートを放たれるが、GKキム・ジンヒョンが右手一本でこれを防いだ。

 名古屋は後半、阿部浩之とガブリエル・シャビエルを同時投入し攻撃に変化を加える。59分にはG・シャビエルがペナルティエリア内にドリブルで侵入するシーンも見られたが得点ならず。61分には右で、64分には左右でCKを続けて獲得するが、相手DF陣に弾き返される。さらにペナルティエリア内で阿部がシュートするものの枠を捉えることができない。

 両チームともサイドからのボールへの対応も良く、中央をしっかりと固めた守備陣が奮闘していたが、アディショナルタイムに試合が動く。

 名古屋はオ・ジェソクが右サイド高い位置でボールを奪うと、ペナルティエリア内からマテウスがG・シャビエルからのパスを冷静にゴール右隅に決めて、ついに均衡を破る。名古屋はその後のC大阪の反撃を凌ぎ、1-0で試合終了のホイッスルを迎えた。

 この結果、連勝となった名古屋は勝点を39にのばし、C大阪は同42のままとなった。

 10月14日に行なわれる次節は両チームともホームでの試合。名古屋は北海道コンサドーレ札幌を、C大阪は湘南ベルマーレを迎え撃つ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「トゥヘルとは一言も話さなかった」名古屋の守護神ランゲラック、ドルトムント時代&Jリーグを語る!「日本のサッカーはカガワ15人分の…」
熱くぶつかり合った一戦。技術、戦術に隔たりがなくとも川崎とC大阪を分けた差
古巣グランパスがA代表デビューを飾った菅原由勢と先輩・吉田麻也の秘話を投稿!「二人の関係最高」とファン反応
【セルジオ越後】森保監督の手腕に“改めて”疑問符!1年ぶりの代表戦もフタを開けてみれば…
【カメルーン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ