「レオが叫んだ!」南米予選勝利にメッシが抱いていた熱き想い!「僕は全てのアルゼンチン人のために…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月09日

「レオ・メッシのキャプテンとしての叫びは…」

久々の代表戦で存在感を放ったメッシ。試合後には母国への熱き想いを打ち明けた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月8日に開催されたカタール・ワールドカップに向けた南米予選の開幕節で、アルゼンチンは1-0でエクアドルとの接戦を制した。

 難敵との一戦でセレステ・イ・ブランコ(アルゼンチン代表の愛称)を勝利に導いたのは、10番のリオネル・メッシだった。13分にルーカス・オカンポスが倒されて得たPKを難なく決め、決勝弾となる先制ゴールをもたらしたのだ。

 ロシア・ワールドカップ後から世代交代を指摘され、過渡期にあるとも言われているアルゼンチン。そんななかで、変わらない存在感を示したメッシを母国メディアも褒めちぎっている。全国紙『Ole』のセルジオ・マフェイ記者は、「レオが叫んだ」と銘打った記事で、次のように絶賛した。

「いまだ改善の必要があり、批判の余地はあるが、アルゼンチンは良い兆候を見せ始めている。とくにメッシはスペースを見つけるようになったことは大きな変化だ。彼がそうなれば、この代表はどんなライバルでも打ち破れる。レオ・メッシがこの試合を通して見せたゴールとチャンスの創出、キャプテンとしての叫びは、代表が決して強さと精神力を欠いていないことを示していた」

 当の本人も今回の勝利に感慨深い想いを漏らしている。試合後のフラッシュインタビューで、次のようにコメントした。
 
「誰にとっても……、とくに僕らアルゼンチン人にとっては複雑な年だった。だから、この試合でのプレーと勝利で多くの人々に喜びを与えることができて、少し安心している。誰にとっても今が困難な時であることを理解していたから、全てのアルゼンチン人のために勝ちたかった」

 さらに「勝って始めることが重要だった」と説いたキャプテンは、チームに発破をかけることも忘れなかった。

「僕は南米予選の難しさを知っている。全ての試合が難しいものだ。今日は代表で1年近くプレーしていなかったなかで勝つことが重要だった。ただ、ここからもっと成長を続けていかないといけない」

 値千金のゴールで勝利を呼び込んだアルゼンチンのクラックは、次なる試合でも母国を勝利に導けるのか。現地時間10月13日に敵地で行なわれるボリビア戦の行方に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ