「レオが叫んだ!」南米予選勝利にメッシが抱いていた熱き想い!「僕は全てのアルゼンチン人のために…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月09日

「レオ・メッシのキャプテンとしての叫びは…」

久々の代表戦で存在感を放ったメッシ。試合後には母国への熱き想いを打ち明けた。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月8日に開催されたカタール・ワールドカップに向けた南米予選の開幕節で、アルゼンチンは1-0でエクアドルとの接戦を制した。

 難敵との一戦でセレステ・イ・ブランコ(アルゼンチン代表の愛称)を勝利に導いたのは、10番のリオネル・メッシだった。13分にルーカス・オカンポスが倒されて得たPKを難なく決め、決勝弾となる先制ゴールをもたらしたのだ。

 ロシア・ワールドカップ後から世代交代を指摘され、過渡期にあるとも言われているアルゼンチン。そんななかで、変わらない存在感を示したメッシを母国メディアも褒めちぎっている。全国紙『Ole』のセルジオ・マフェイ記者は、「レオが叫んだ」と銘打った記事で、次のように絶賛した。

「いまだ改善の必要があり、批判の余地はあるが、アルゼンチンは良い兆候を見せ始めている。とくにメッシはスペースを見つけるようになったことは大きな変化だ。彼がそうなれば、この代表はどんなライバルでも打ち破れる。レオ・メッシがこの試合を通して見せたゴールとチャンスの創出、キャプテンとしての叫びは、代表が決して強さと精神力を欠いていないことを示していた」

 当の本人も今回の勝利に感慨深い想いを漏らしている。試合後のフラッシュインタビューで、次のようにコメントした。
 
「誰にとっても……、とくに僕らアルゼンチン人にとっては複雑な年だった。だから、この試合でのプレーと勝利で多くの人々に喜びを与えることができて、少し安心している。誰にとっても今が困難な時であることを理解していたから、全てのアルゼンチン人のために勝ちたかった」

 さらに「勝って始めることが重要だった」と説いたキャプテンは、チームに発破をかけることも忘れなかった。

「僕は南米予選の難しさを知っている。全ての試合が難しいものだ。今日は代表で1年近くプレーしていなかったなかで勝つことが重要だった。ただ、ここからもっと成長を続けていかないといけない」

 値千金のゴールで勝利を呼び込んだアルゼンチンのクラックは、次なる試合でも母国を勝利に導けるのか。現地時間10月13日に敵地で行なわれるボリビア戦の行方に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「バルサにいないほうが…」メッシがアルゼンチン代表で見せる笑顔にファン反響! 3万件以上のコメントが殺到
「君は解雇に値しない」メッシが親友スアレスへの惜別投稿でクラブを批判!「違うシャツを着て対戦するなんておかしい」
「マドリーは怒っている」ついに久保建英のレンタル打ち切りを検討か?「冬に主役になれるクラブへ」と現地報道
「起用を熟考すべき」“過労”のフィルミーノに代わる南野拓実の抜擢を地元紙がプッシュ!? 日本の10番に高まる期待
【カメルーン戦のスタメン予想】大迫は1試合限定のプレー。2列目の指揮官のチョイスは堂安?伊東?久保?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ