【カメルーン戦のスタメン予想】大迫は1試合限定のプレー。2列目の指揮官のチョイスは堂安?伊東?久保?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年10月09日

長友不参加の左SBも焦点に

カメルーン戦の予想スタメン。森保ジャパンで経験値の高いメンバーが先発するか。

画像を見る

 オランダ・ユトレヒトで強化試合を行なう日本代表は、日本時間10月9日(金)21時(現地時間14時)からカメルーン代表と対戦する。

 新型コロナウイルスの影響により、今年予定していたカタール・ワールドカップのアジア2次予選がストップし、本格的な活動は約1年ぶり。今後、再開されるワールドカップ予選へ向けた貴重な強化の場となる。

 もっとも今回のヨーロッパ遠征は新型コロナウイルスの影響により、国内組、さらにオランダへの入国制限のあるロシア、セルビアでプレーする橋本拳人(ロストフ)、浅野拓磨(パルチザン)の招集を断念。

 加えて所属クラブで左足を負傷した岡崎慎司、胃腸炎で緊急入院した長友佑都の不参加も決定し、「30人前後を呼びたい」と指揮官が話していたメンバーは、当初は25人の招集となり、ベテラン2人のアクシデントにより、さらに少ない23人の構成となっている。

 13日にはコートジボワールとのテストマッチも控えるなか、森保監督がまず目指すのは2点だ。一点は「1年近く活動できていなかっただけに、基本コンセプトの確認、意思統一」で、もうひとつが「若い選手と経験のある選手の融合」となる。

 メンバーには東京五輪世代から、アタッカーの三好康児、ボランチとCBをこなす中山雄太、板倉滉、A代表初選出で右SBなどを務める菅原由勢らを引き上げている。もっとも、コンセプトの再確認を主眼に置くとすれば、カメルーン戦の先発はひとまず従来のメンバーが並ぶと予想される。
 
 GKは川島永嗣、権田修一、シュミット・ダニエルの3人に大きな差はない。ただ、昨年のワールドカップアジア2次予選で全4試合に出場した権田が、所属クラブでは出番を失っているとはいえ、引き続きゴールマウスを守るか。

 最終ラインはキャプテンの吉田麻也と新進気鋭の冨健洋のCBコンビ、右SBの酒井宏樹は固いとして、長友の定位置だった左SBは両サイドをこなせる安西幸輝の起用が考えられる。ポルトガルで経験を積む25歳がアピールできるか。一方で今夏にドイツへ渡った室屋成を左に回す選択肢もあるだろう。

 頭数の少ないボランチは柴崎岳、遠藤航のレギュラーコンビに中山、板倉が挑む構図だ。カメルーン戦は先輩ふたりが先発を掴むと予想されるが、試合のなかで、異なった組み合わせも試されそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ