「これは作りたかった『歴史』じゃない」57年ぶりの屈辱7失点にクロップも嘆き!「あれを決めてればなんて…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月05日

44年前にもアストン・ビラ戦で大敗。しかし、そのシーズンは…

目の前で繰り広げられる大敗劇を悲痛な面持ちで眺めるクロップ。試合後も反省の弁を口にした。 (C) Getty Images

画像を見る

「悪い歴史を作ってしまった……」

 王者らしからぬパフォーマンスに終始し、歴史的な大敗を喫したチームに、リバプールのユルゲン・クロップ監督は肩を落とした。

 現地時間10月4日に行なわれたプレミアリーグ第4節で、敵地でアストン・ビラと対戦したリバプールは、2-7とまさかのスコアで敗れた。

 前半だけで敵FWオリー・ワトキンスにハットトリックを許すなど4失点を喫したレッズは、後半も低調なパフォーマンスに終始。いつもの鋭いフォアチェックと攻撃の連動は鳴りを潜め、さらに3点を献上した。

 リバプールにとっては、まさに歴史的な一敗だ。彼らが公式戦で最後に7失点を喫したのは、1963年4月のトッテナム・ホットスパー戦以来の出来事である。
 
 それゆえにクロップもショックを拭いきれない。試合後、英公共放送『BBC』のフラッシュインタビューに登場した指揮官は「まずはビラがとても素晴らしかったと言いたい」と前置きしたうえで、次のように嘆いた。

「今日はビッグチャンスを活かしきれなかった。でも、7失点も喫してしまえば、『あれを決めてれば、7-7になっていただろう』なんてことは言えない。我々はあまりにもミスが多かったし、明らかな大きなミスも犯した。

 間違ったエリアでボールを失い、適切な守りもできなかった。0-1になった後、我々はプロットを失った。これは言い訳ではない。普通は0-1になった後でも、やりたいことをやればいいだけなんだ。それにチャンスは作った。だけど、適切に守ることができなかったから、1回ボールを失うたびに、大きなカウンターを受けてしまった」

 さらに「3つのゴールはディフレクションで、不運なことだが、それは適切なブロックができなかったということを意味する」と語ったクロップは、こう皮肉を続けた。

「今日は自分たち以外に非難すべき人はいない。一体誰が2-7なんてスコアで負けたい? 何年か前に、我々は『歴史を作りたい』と自分たちに言い聞かせていた。これも歴史だ。でも、明らかに間違った方で、作りたかったものじゃない」

 ちなみにリバプールは1976年12月にもアストン・ビラに1-5で大敗を喫したことがあるのだが、その76-77シーズンは国内リーグとチャンピオンズカップ(現在のチャンピオンズ・リーグ)の二冠を達成している。

 果たして、レッズはここから立ち直り、以前のようにメジャータイトルを手にできるのか。注目される次節の対戦相手は、開幕4連勝で首位に立つ“隣人”エバートンだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ