「悲惨なショーだ」「冗談だろ?」バルサに新加入したアメリカ代表DFの“下手すぎる”リフティングが話題!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月03日

2025年までの5年契約を結ぶ

アヤックスからの加入が決定したデスト。背番号は2番となった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月2日、バルセロナはアヤックスからアメリカ代表DFのセルジーニョ・デストを獲得したことを発表した。2025年6月までの5年契約で、スペイン紙『MARCA』によれば、移籍金は2100万ユーロ(約26億2500万円)となっている。

 ロナルド・クーマン監督も指揮を執ったアヤックスの下部組織出身の19歳は、入団会見で「このシャツを着た最初のアメリカ人となり、光栄だ。夢が叶った」と喜びを語った。ネウソン・セメドをウォルバーハンプトンに放出した右SBで、セルジ・ロベルトのバックアッパー兼将来のレギュラー候補として期待される。

 話題となっているのは、その入団発表の場で披露した恒例のリフティングだ。

 ファンが期待したのは、華麗な足技を披露するシーンだろう。テクニックに長けた名手が居並ぶバルサが迎え入れた選手なら、なおさらだ。

 だが、緊張もあったのだろう。デストは最初、まったくボールが足につかず、リフティングがまともにできなかった。徐々に慣れてきたのか、最後は鮮やかなテクニックを見せつける場面もあったが、なんとも格好の悪いお披露目会となってしまった。

【動画】これがバルサの選手?デストの“下手すぎる”リフティングはこちら
 これには、ファンから次のような声が挙がっている。

「かわいそうな少年」
「なんとも悲惨なショーだ」
「これは立ち直れない」
「プロなら泣きたくなるな」
「デンベレよりは上手い」
「ボールが悪いんだろう笑」
「穴があったら入りたい」
「期待の新戦力がこの音コンテ冗談だろ」

 最悪な第一印象を与えてしまったが、もちろん勝負はピッチの上だ。欧州王者バイエルンも触手を伸ばした俊英がどんなプレーを見せるのか。注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ