「見事だった」智将ヴィラス・ボアスが“ネイマール騒動”に揺れた酒井宏樹を絶賛!「彼は毅然とした人間で…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月03日

懲戒委員会の決断に「満足」と持論

ネイマールとの激しいマッチアップを演じた酒井。その最中に起きた大騒動についてマルセイユ指揮官が口を開いた。 (C) Getty Images

画像を見る

 フランス版クラシコで起きた一連の騒動について、マルセイユの指揮官が改めて持論を語った。

 世界を騒がせた騒動の発端となったのは、リーグ・アン第3節のパリ・サンジェルマン対マルセイユの一戦(マルセイユが1-0で勝利)の試合終盤で起きた揉め事だ。

 両チーム合わせて5人の退場者を出した衝突のなかで、パリSGのネイマールとマルセイユのアルバロ・ゴンサレスが激しい罵り合いを展開。前者は人種差別的な暴言を吐かれたと憤慨し、後者は同性愛者を侮辱する発言を受けたと主張した。

 さらに試合後にスペイン・メディアが、ネイマールが酒井宏樹に向かって「クソ中国人!」と罵った疑惑を動画と共にすっぱ抜き、事態は大騒動へと発展していった。

 しかしながら、現地9月30日にフランス・プロリーグ機構の懲戒委員会は、「差別的な発言があったと立証する十分な証拠は存在しない」としてネイマールとアルバロに制裁を加えないことを決定した。
 
 この処分について指揮官が口を開いた。現地時間10月2日に行なわれた会見で、マルセイユのアンドレ・ヴィラス・ボアス監督は、「私には過去にも似たような経験があった」と振り返っている。

「チェルシーを率いていた時代に、アントン・ファーディナンドとジョン・テリーの間に起きた問題があった。その時も私は人種差別の可能性はなかったと事実を主張していたが、私のスタンスは変わらないよ。サッカー界にいかなる差別もあってはいけないからね。

 私はアルバロも、ネイマールも、差別主義者ではないと確信している。実際に読唇では30%の信頼性しかなかったというのが、懲戒委員会の決定だ。我々はその判断に満足しているよ」

 また、騒動後に自身のインスタグラムで「お互い熱くなっている試合中の些細な出来事であり差別とは全く関係ありません」と綴った酒井について、ヴィラス・ボアスは、次のように讃えている。

「あなたたち(メディア)は、彼らが対立する構図を作ろうとしていたのだろう。ただ、我々はそういったものに慣れている。そういう意味でも、サカイの行動は見事だった。彼は常に毅然とした人間で、今回も一件について自分自身で考えたうえで、正しい答を出してくれた」

 冷静沈着に、敵のエースとの騒動を鎮静化させた酒井。その振る舞いに、百戦錬磨の智将も感嘆したようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ