【柏×横浜】身長差は23センチ。喜田拓也対オルンガで明白なミスマッチが起きた後半に、横浜が3-0で快勝したワケ

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2020年09月28日

攻撃重視の采配が奏功した「3-0」だった

後半にマッチアップしたオルンガ(左)と喜田(右)。この写真でも頭ひとつ分は身長差がある。写真:徳原隆元

画像を見る

 サイズだけで言えば、誰がどう見ても明らかなミスマッチである。前半、柏に1-0でリードされた横浜は、後半開始からFWオナイウ阿道に代えてFW仲川輝人を、DF松原健に代えてMF扇原貴宏を投入。そして前半はボランチの喜田拓也が3バックの中央に移り、オルンガとマッチアップした。身長は前者が170センチ、後者が193センチで、その差は23センチ。体格で喜田が不利なのは明白だ。

 結果的に後半のスコアは横浜が3-0として、合計スコアでは3-1と逆転勝利。喜田対オルンガで明白なミスマッチが起きた後半に、横浜が無失点に抑えて、鮮やかに3得点を奪った要因はなんだったのか。

 柏としては、もちろんミスマッチを狙っていた。左ウイングバックの三丸拡は言う。

「特に僕のポジションからしたら、どんどんクロスを上げることを狙っていました。後ろからも、高さのミスマッチを突いていこうと話もしていた」

 後半の立ち上がりこそ、柏がオルンガを起点にやや攻勢に出た。しかし「ただ入れるだけではなくて、そのこぼれ球を拾うなど、そういう動きが少なかった」と三丸が振り返るとおり、徐々にセカンドボールを拾えなくなる。

 そうなれば横浜が俄然強い。こぼれ球を拾えば、すかさず扇原貴宏や喜田拓也らを中心にビルドアップ。ポゼッション率を高め、徐々に敵陣に押し込んだ。そしてラスト15分で怒涛の3ゴール。ミスマッチを気にするよりも、むしろボランチが本職の選手を最終ラインに置いたことのほうがポイントだったのかもしれない。

「1-0で勝っていて試合を進めるなかで、チームとして重心を後ろに置き過ぎた、(オルンガを)孤立させすぎた。パスの距離が長くなってしまったのもあると思います。そこも試合状況の勝ち負けにかかわらず、変えない部分は変えずにさらに追加点を取りに行く姿勢を全員で共有して、やっていくことが必要かと思います」(三丸)

 柏としては三丸の弁が正しいが、横浜からすればアンジェ・ポステコグルー監督が「後半は前方向への強さをゴールに結びつけ、素晴らしいパフォーマンスだった」と胸を張ったとおり、攻撃重視の采配が奏功した「3-0」だった。
【関連記事】
【横浜×柏】ポステコグルー監督の初志貫徹とネルシーニョ監督の臨機応変。重要なのはどっち?
【J1採点&寸評】柏1-3横浜|MOMは2得点に絡んだエリキ! 同じく採点「7」で高評価したのは…
アグレッシブに攻め続けた横浜が3-1で柏に逆転勝利! 2得点に絡んだ勝利の立役者は…
【横浜】軌道に乗ってきた新システム3-4-2-1。その効果と手応えは?
「神」「スーパー・マルコス・ルーレット!!」横浜のM・ジュニオールが投稿した鳥栖戦の超絶技巧にファンも驚愕!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ