「果たすべき役割を実行した」2戦連発の鈴木武蔵を現地メディアが称賛!「まるでDFのように…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月27日

逆転勝利を呼び込む同点ゴールを決める

途中出場から5分で結果を残した鈴木。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月26日にベルギー・リーグ第7節が行なわれ、鈴木武蔵が所属するベールスホットはワースランド=ベベレンに3-2で勝利した。この試合に74分から出場し、逆転を呼び込む同点ゴールを決めたのが鈴木だった。

 ベールスホットは11分、14分と序盤に2失点。42分に1点を返したものの、その後は敵の守備網を破れずにいた。そんななか、74分にロリス・ブロニョとともに投入された鈴木がいきなり躍動。79分にヘディングでゴールネットを揺らし、同点弾を奪った。

 さらに、ブロニョが後半アデョショナルタイム6分に1点を挙げ、勝ち越しに成功。ベールスホットが劇的な逆転勝利を収めている。

 8月に加入し、前節シャルルロワ戦に続いて2試合連続ゴールを決めた日本人ストライカーを、現地メディア『VOETBALKRNT』は「スズキは自分がフィールドで果たすべき役割をすぐに実行した」と称賛した。

 また、現地紙『Het Laatste Nieuws』は、「ハード―ワークで汗だくの午後を過ごしたベールスホットが勝利を獲得した」と称えている。

「2点を先制されたベールスホットの姿勢は、捨て身のようでもあった。途中出場のストライカーのスズキは、現われるなり、ディフェンダーのようにピッチを走り回った。この賭け(交代)が、功を奏したと言えるだろう。スズキはブロニョのアシストで同点ゴールを決め、試合終了のホイッスルが鳴る直前に、ブロニョが勝利のゴールを決めた。彼らの投入が、試合の流れを大きく変えたのだ」

 ベールスホットは“昇格組”ながら、これで5勝2敗とし、暫定でリーグ2位につけている。

 次節は10月4日、アウェーでのヘント戦となる。鈴木の3戦連発に期待がかかる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ