山中と興梠の得点で浦和が逃げ切る。清水は終了間際のゴールも実らず…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年09月23日

興梠は今季4ゴール目をゲット

山中はCKのこぼれ球を左足で豪快に蹴り込む。今季初ゴールを奪った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ第18節]清水1-2浦和/9月23日/IAIスタジアム日本平

 今季初の連勝を狙う清水エスパルスと、2試合ぶりの勝利を目指す浦和レッズの一戦がIAIスタジアム日本平で行なわれた。

 序盤はホームの清水が細やかなパスをつないでボールを保持。ただ、浦和の粘り強い守備を前になかなかシュートまで持ち込めない。

 一方の浦和はセットプレーを活かして得点を狙う。すると22分に左からのCKを獲得すると、武藤雄樹がアウトスイングのクロス。一度はDFにクリアされたが、こぼれ球を山中亮輔が左足一閃。山中のシュートはGKに触れられながらも、パワーで上回ってゴールに突き刺さった。

 先制点で落ち着きが出てきた浦和は何度かピンチがあったが、GK西川周作のファインセーブなどでゴールを割らせない。

 アウェーの浦和が1点リードして試合を折り返す。
 
 ホームの清水は攻撃に人数をかけて同点弾を狙う。しかし、スコアを動かしたのは、またしても浦和だった。

 59分、中盤で長澤和輝がボールを奪うと、スルーパスを供給。裏へ抜け出したレオナルドはドリブルでペナルティエリアまで侵入し、GKとDFを引きつけてフリーの興梠慎三へパスを出す。興梠は落ち着いてボールをゴールへ流し込んだ。

 2点ビハインドの清水は、62分の3枚替えなどで得点を狙う。ただ、鈴木唯人や西澤健太のシュートは枠を捉えられず。このまま試合終了かと思われた90+1分。後藤優介が左サイドからクロスを上げると、中央で待ち構えたティーラシン・デーンダーがうまく左足でゴールに流し込んだ。

 とはいえ反撃もここまで。山中の弾丸シュートで先制し、興梠のゴールでリードを広げた浦和が2-1で勝利。清水は今季初の連勝とはならなかった。

 次節は26日の土曜日。清水はアウェーで名古屋と、浦和はホームで横浜FCと戦う。

構成●サッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ