ネイマールが酒井宏樹に「クソ中国人」と発言したと報道。同性愛侮辱疑惑も浮上し、 仏版クラシコは泥沼の様相へ【現地発】

カテゴリ:海外日本人

結城麻里

2020年09月23日

ネイマールは「汚いサルと言われた」とアルバロを糾弾

激しいマッチアップを繰り広げた酒井(左)とネイマール。 (C)Getty Images

画像を見る

 異様な試合と化したフランス版クラシコ(パリ・サンジェルマン対マルセイユ)の「ネイマール対アルバロ・ゴンサレス事件」をめぐって、世界中のメディアを巻き込んだ人種差別および、同性愛者差別の追及合戦が続いている。そして今度は、最も予想外の人種差別疑惑が飛び出してしまった。

 犠牲者と推定されるのは、なんと日本代表DFの酒井宏樹だ。

 フランスのサイト『FOOT MERCATO』が現地時間22日朝に速報したところによると、スペインのラジオ『Cadena COPE』が21日夜、「オランピック・ド・マルセイユは、ネイマールがヒロキ・サカイを『クソ中国人』と表現した証拠を握っている」と報道したという。

 これが本当だとすれば、酒井宏樹が差別の犠牲になったばかりか、中国人も含むアジア人全体が差別されたことになる。

 この試合でネイマールは、「汚いサルと言われた」「人種差別だ」とアルバロ・ゴンサレスをしきりに糾弾。パリSGはネイマールを公式に支持し、アルバロにはブラジルなどから死の脅迫まで届く異常事態に発展してしまった。

 一方のマルセイユは、「アルバロは人種差別者ではない」と公式に否定して徹底抗戦。本人も非公式な場で、口撃はしたが差別用語は吐いていないと告白したと言われ、チームメイトも一丸となってアルバロに連帯した。

 また、ビジャレアル時代のチームメイトであるカメルーン代表FWカール・トコ・エカンビ(リヨン)など他クラブの黒人選手まで、「スペインで一緒だったが、アルバロは人種差別とは無縁の人物」と擁護する事態になった。

 さらにはネイマールが、当のゴンサレスに対し、同性愛者差別用語を吐いていた疑惑が浮上。こちらはビデオで確認できたと報道されている。

 これが事実だとすれば、たとえアルバロが同性愛者でなくても、差別の犠牲になったとみなせるうえ、同性愛者も差別されたことになる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ