【J1採点&寸評】大分1-0横浜FC|最高殊勲は3戦連発&キレキレの突破力で敵を翻弄したアタッカー!

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2020年09月21日

大分――前半に決定機を量産。着実に決めていればもっと楽な展開にも?

【警告】大分=三竿(36分)、鈴木(62分) 横浜FC=安永(35分)、瀬古(41分)、佐藤(90分)
【退場】大分=なし 横浜FC=なし
【MAN OF THE MATCH】田中達也(大分)

画像を見る

[J1リーグ17節]大分1-0横浜FC/9月20日(日)/昭和電ド

【チーム採点・寸評】
大分 6

前半に訪れた多くの決定機を決めれば、もっと楽な展開になっていたはず。後半は前がかりになった相手の勢いを受ける形になったが、集中力を切らすことなく逃げ切りに成功した。

【大分|採点・寸評】 
GK
1 ムン・キョンゴン  6

守勢に回った後半はシュートを打たれる場面も多かった。89分の瀬沼のシュートを好セーブ、最後の砦となり無失点。

DF
3 三竿雄斗 6.5(81分OUT)

カバーリングが冴え、危ない場面を作らせなかった。攻撃では後方からの精度の高いフィード、クロスを送り続けた。

5 鈴木義宜 6
後半は瀬沼とエアバトルを繰り返した。5本もシュートを打たれたが、しっかり身体を寄せて失点しなかった。

29 岩田智輝 6
守備の意識が高く、1対1で強さを見せた。攻撃参加の回数は少なかったが、大きなミスなく集中できていた。
 
MF
4 島川俊郎 6

ボールへのアプローチが鋭く、セカンドの回収率が高かった。くさびのボールを入れて攻撃でも特徴を出した。

7 松本 怜 5.5(87分OUT)
左の田中とバランスを取りながら攻撃に出た。アーリークロスの精度は高く、守備でも穴を作ることはなかった。

8 町田也真人 6(66分OUT)
流れるような先制点の最初と最後のパスを通してアシスト。バイタルエリアで動き回り、潤滑油となる。

MAN OF THE MATCH
11 田中達也 6.5

キレキレの突破を見せ翻弄した。38分には3試合連続ゴールを決めたが、自ら得たPKは止められた。

32 前田凌佑 6(87分OUT)
11分のペナルティエリア内のシュートは決めたかったが、ボールを落ち着かせ、試合をコントロールした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ