【Jリーグ前半戦 日本人ベストプレーヤー|DF編】国内屈指のCB2名に、移籍後に大活躍の右SBにも高評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月21日

ライター5氏が、日本人選手限定でベストプレーヤーを選出!

川崎の谷口彰悟(左)とFC東京の森重真人(右)。ともにチームを支えるディフェンスリーダーだ。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 J1リーグは9月19日・20日に17節までを消化し、シーズン前半戦を終えた。コロナ禍の影響による怒涛の過密スケジュールのなか、前半戦で出色のパフォーマンスを見せたのは誰か? ライター5氏に、日本人選手に限定してポジションごとのベストプレーヤーを選んでもらった。今回はDF編だ。

――◆――◆――
加部究氏(スポーツライター)

●森重真人(FC東京)
<前半戦成績:16試合出場・1得点>
 FC東京は中央の守備が堅いというイメージが定着しているのは、東慶悟の故障離脱でキャプテンマークをつける渡辺剛の成長も見逃せないが、森重真人が円熟の境地に入っていることが大きな要因になっている。もともと攻撃面でのフィード能力などには定評があったが、最終ラインを統率する経験値が深まり、土壇場の1対1の局面などでも卓越した能力を見せつけている。逆に欠場して1-2で逆転負けを喫した鹿島戦では、長谷川健太監督も「良いゲームではなかった」と振り返ったように存在感の大きさが浮き彫りになった。もちろん首位を独走する川崎の谷口彰悟も同等の活躍を見せているが、チーム状況を比較し実力発揮の難易度で森重をMVPとした。

――◆――◆―
佐藤俊氏(スポーツライター)

●谷口彰悟(川崎フロンターレ)
<前半戦成績:17試合出場・2得点>
 キャプテン就任の影響もあるのだろうか、最終ラインを統率する姿には威風堂々とした様が感じられる。自分がやる、という強い意識が責任感を生み、今年の安定したプレーに繋がっているのだろう。谷口がドンと後ろで構えているので、前線の選手たちは伸び伸びとプレーし、安心して攻撃に集中できている。良い守備が良い攻撃を生んでいる典型で、昨年優勝した横浜F・マリノスを見るようだ。谷口自身は、毎試合入れ替わる攻撃陣とは異なり、欠場は1試合のみで、イエローカードは1枚も受けていない。首位を走る川崎において欠かせない選手になっており、チームの勝敗に大きな影響力を与える選手になっている。

――◆――◆―
清水英斗氏(サッカーライター)

●谷口彰悟(川崎フロンターレ)
<前半戦成績:17試合出場・2得点>
 ポゼッションだけでなく、高い位置でボールを奪い返し、ショートカウンターという攻め手を押し出してきた今季の川崎において、谷口やジェジエウは縁の下の存在だった。昨季優勝した横浜F・マリノスにチアゴ・マルチンスと畠中槙之輔が君臨したように、ポゼッション+敵陣での積極的なボール奪回を目指すならば、ディフェンスラインを思い切って上げることができるセンターバックは必須のピースだ。そうやって全体をコンパクトにしなければ、かえって自陣のスペースを突かれる回数が増え、リスクチャレンジの収支がマイナスになってしまう。ビルドアップ、空中戦、ボール奪取力など、トータルで能力が高いCBは魅力的なサッカーの屋台骨と言えるが、谷口もその働きをしている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ