鹿島が怒涛の6連勝を達成!2位セレッソ、連勝は6でストップ…首位川崎と勝点5差のまま

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月19日

エヴェラウドが今季11得点目!

エヴェラウドが46分に勝ち越しのゴールを挙げる。今季11点目をマーク。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは9月19日、各地で17節の6試合を開催。ヤンマースタジアム長居では、セレッソ大阪対鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、鹿島が2-1で勝利を収めた。


 6連勝中のホームC大阪に対し、アウェーの鹿島も5連勝で迎えた好調なチーム同士の注目の一戦。C大阪は、前節欠場の清武弘嗣、坂元達裕が休養十分で先発復帰し、一方の鹿島は前節ふたけたゴールを達成したエヴェラウド、ここ5戦4発と好調の土居聖真のふたりが2トップを組んでスタートした。

 試合は序盤のつばぜり合いを経て鹿島が先にペースを握る。そして良い流れのまま32分、和泉竜司のシュートのこぼれ球に反応したファン・アラーノが押し込み、ネットを揺らす。鹿島が先制する。

 しかし、C大阪もすぐさま反撃。36分、カウンターから流れるようにパスをつなぎ、スペースに飛び出した坂元が右サイドからグラウンダーのクロスを折り返すと、中央に走り込んだブルーノ・メンデスが左足で押し込み、C大阪が同点に追いつく。前半は1-1で終了した。

 迎えた後半、立ち上がりにスコアが動く。鹿島は敵陣に押し込むと、エヴェラウドが前線で潰れてこぼれたボールに和泉が反応。シュートはキム・ジンヒョンの好守に阻まれるものの、こぼれ球をエヴェラウドが押しこみ、鹿島が勝ち越しに成功する。エヴェラウドの今季11点目で鹿島が2-1とリードする。

 その後は、同点に追いつきたいC大阪が反撃。61分には前節今季初ゴールをマークした柿谷曜一朗を投入し、勝負をかける。

 しかし、鹿島は粘り強い守備を見せてC大阪の反撃を封殺。結局2-1で鹿島が競り勝った。鹿島は勝点を30に伸ばし、5位をキープ。一方連勝が6で止まったC大阪は、勝点39のままで、首位の川崎フロンターレとの差は「5」と変わらず。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「選手権優勝」の看板を引っ提げて鹿島入り、プロ1年目の葛藤…世代屈指のドリブラー松村優太の現在地
「クールながら温かい言い回しで」厳しい指摘も…内田篤人“コーチ”の言葉の影響力をU-19代表監督も実感
金崎夢生がPK2発!名古屋が逆転で神戸を撃破、連敗回避で4位をキープ
J過密日程でU-19日本代表のレギュラー争いが激化!久保建英は招集せずも、前線はタレントが目白押し
宮本ガンバが敵地で札幌を1-0撃破! 「263分間」ぶりのゴールを死守し、「9試合」ぶりの無失点で凱歌

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ