【FC東京】不敗神話は続く。武藤嘉紀が2ゴールに込めた想い

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年03月08日

その表情はどこか安堵感に満ちていた

試合後、ファン・サポーターに応える武藤。重圧を撥ね退けての2ゴールは貫録さえあった。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 力を宿した鋭い眼光が甦った。

 2015年のJリーグ開幕戦、武藤嘉紀は三冠王者・G大阪を相手に2ゴール。自らが得点すれば負けない“不敗神話”は今季も健在だった。
 
「1点目は、考えながらゴールできた。FWらしく泥臭いゴール」

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・1節
 
 後半30分、右サイドからの東慶悟のクロスを前田遼一が頭で落とすと、これに素早く反応。「前を向くと相手に読まれてしまう」。DFやGKのポジショニングを瞬時に確認した武藤は、G大阪のCB丹羽大輝を背負うようにして、ボールをややマイナスにコントロール。そこから鋭く反転し、左足を振り抜いて自画自賛の今季初ゴールを決めた。
 
「2点目は、打った瞬間に入ると思った。浮いたボールだったので、しっかり抑えることを意識して打った。少し運任せなところもあったけど、最高のコースに行った」
 
 後半ロスタイム、相手のクリアミスを見逃さなかった。「負けている状況で得点できるチャンスはそんなに多くない」。あくまでも冷静に、右足のインステップでインパクト。ドライブが掛かったシュートは、外に曲がりながらゴール右上に突き刺さった。
 
 代表デビュー戦となったウルグアイ戦(2014年9月5日)で放ったミドルシュートを彷彿させたが、「あの時は逆足(左足)だったので、今日のほうが簡単だった」と淡々と語った。
 
 技術面の向上とともに、この日はメンタル面での成長も示した。

 雨中の一戦でなかなかボールが足につかず、試合を通してのパフォーマンスについては「チームに迷惑を掛けてしまった。プレーの質を上げていかないと」と反省。それでも「チームを救うゴールが奪えたのは嬉しい」と話す表情は、どこか安堵感に満ちていた。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】1stステージ1節|全9カードの出場選手&監督を現地記者が評価
【J1採点&寸評】G大阪×FC東京|武藤が殊勲の2ゴール!
【J1】2015シーズンが開幕! 前回王者を相手に武藤が2ゴール
2015 J1 1stステージ日程【1節~6節】
【J1】サッカーダイジェスト担当記者が2015シーズンを展望 FC東京編|“武藤依存症”を改善できるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ