「メッシでもロナウドでもない、ナガサトだ」永里優季の男子チーム加入にイタリア紙も驚愕!「歴史に残る運命の移籍だ」

カテゴリ:高校・ユース・その他

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年09月11日

「壁を壊したのは、日本サッカー界の絶対的スター」

10日にはやぶさイレブンの入団発表を行なった永里。※写真は会見中のスクリーンショット

画像を見る

 女子選手、それも世界を制したメンバーが、男子のチームでプレーする――永里優季の移籍は、世界的にも大きな注目を集めている。

 2011年のワールドカップを制したなでしこジャパンのメンバーである永里は、米女子サッカーリーグ(NWSL)シカゴ・レッドスターズから神奈川県2部「はやぶさイレブン」にレンタル移籍した。

 欧州では、直近でオランダの19歳エレン・フォッケマが母国4部リーグの男子チームに移籍している。だが、世界王者の男子サッカー挑戦はまさに歴史的と言えるだろう。

 かつて中田英寿が所属したペルージャのルチアーノ・ガウッチ元会長は、2003年にドイツのビルギット・プリンツをセリエAでプレーさせようとしたが実現しなかった。イタリア紙『Repubblica』は、この過去を振り返りつつ、永里の移籍を「前例がない日本にとってターニングポイント」と報じている。

「歴史に残る運命の移籍だ。リオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドのことではない。日本女子サッカーのスター、33歳のユウキ・ナガサトのことだ」
 
 また、『Corriere della Sera』紙も「(オランダで始まった改革が)日本で続いた。壁を壊したのは、日本サッカー界の絶対的スター、ユウキ・ナガサトだ」と伝えた。

『TUTTOmercatoWEB』は「永里の男子クラブへの移籍は、いずれにしても歴史に残る。性別の異なる同僚たちとプレーする、初の世界レベルの女子サッカー選手となるからだ」と報じている。

 日本サッカーの歴史に新たな1ページを記した永里の挑戦に、世界も注目している。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ