広島が2連勝で川崎戦へ弾み! 城福監督は強敵相手に強気の姿勢「首位を走り続けさせるわけにはいかない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月10日

終了間際の失点には反省の色も…

4発快勝で2連勝を飾った広島の城福監督が、川崎戦への意気込みを語った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ15節]広島4-1清水/9月9日(水)/エディオンスタジアム広島
 
 前節5試合ぶりの勝利を挙げたサンフレッチェ広島が、続く清水エスパルス戦でも4発快勝を収め、上位浮上に向けて弾みをつけた。
 
 試合は、立ち上がりから両チームともに頻繁に好機を創出し、どちらに試合が転んでもおかしくない展開に。しかし先手を取ったのは広島だった。ペナルティエリア手前でのパス回しから、最後はエゼキエウが相手の意表を突くシュートを放ち、ゴール左に突き刺す。
 
 1点リードで迎えた後半も勢いそのままに、71分にドウグラス・ヴィエイラ、81分にレアンドロ・ペレイラ、88分に柏好文がネットを揺らし、気づけば4点差に。試合終了間際に1失点はしたものの、4-1の快勝で試合を終えた。
 
 城福浩監督は試合後の会見で、「今日は本当にサポーターとともに勝点3を獲って喜び合いたかった」とこの一戦に懸けていた想いを吐露。最後の失点こそ反省の色を見せたものの、最後まで走り抜いた選手らを称えた。
 
「自分たちが上に食らいついていくためにも、今日は絶対に負けられない、そういう思いを選手が持って戦ってくれたと思う。粘り強い守備、相手のゴールに向かっていく裏へのランニングというところはかなり意識していたので、そこをしっかり出せて4点取れたっていうところは非常に良かったと思います。ただ、最後はゼロで抑えなければいけなかったですし、5点目が取れそうななかからボールを失っての1失点っていうのは、ゲームの運び方を含めて、そこはしっかり反省したいと思います」
 
 真夏の連戦も終盤に差し掛かるなかで嬉しい2連勝。しかし、次節の相手は、圧倒的攻撃力で首位をひた走る強敵・川崎フロンターレが相手だ。
 
「このまま首位を走り続けさせるわけにはいかないので、川崎さんの背中がしっかり見えるような戦いをしたい。もちろん勝点3を取れたとしてもまだ背中が見える状況ではないですけど、我々がやれる最大限のことをやらないといけない。自分たちにも目標があるので、まだまだ諦めていませんし、ここからしっかりと追い上げていけるように、ベストな準備をしたいなと思います」
 
 広島はこの勢いのまま、3連勝中の首位チームから勝点を奪えるか。次節は中3日の13日に、川崎のホーム、等々力競技場に乗り込む。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ