広島がブラジル人トリオの3発などで4-1の快勝! 価値ある2連勝で上位進出へ弾み! 清水は泥沼の5連敗…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月09日

エゼキエウのJ初ゴールで先制!

2戦連発となるチームの2点目を決めたD・ヴィエイラ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは9月9日、各地で第15節の9試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対清水エスパルスの一戦が行なわれ、広島が4-1の快勝を収めた。
 
 前節5試合ぶりの勝利を挙げた広島は、前節から6人先発メンバーを入れ替え、エゼキエウがリーグ初となる先発出場。4連敗中の清水は前節から3人を入れ替え、これまでチームトップの4ゴールを挙げているカルリーニョス・ジュニオが3トップの中央に配置された。
 
 試合は清水が開始2分に、ファーストチャンスを得る。奥井諒の左サイドからのシンプルなクロスにC・ジュニオが合わせるも、枠の外へ外れる。最終ラインから丁寧に繋ぐ清水はさらに12分、後藤優介が中央突破でGKと1対1を迎えるも、タッチが大きくなってしまいGKに防がれる。
 
 一方で、主導権を握る相手に対し広島は、テンポの良いパス回しで確実にゴール前に迫る。28分にはCKからのこぼれ球に反応した佐々木翔がフリーでシュートを放つも、ヴァウドの決死のブロックに遭い、得点には至らない。
 
 それでも31分にホームチームが先手を取る。柴﨑晃誠のパスをペナルティエリア手前左で受けたエゼキエウが、左足でグラウンダーのシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さる。エゼキエウのJ初ゴールで先制した広島が、1点のリードを保ち前半を折り返す。
 
 後半は激しく攻守が入れ替わる展開に。立ち上がりの清水の猛攻に対しコンパクトな守備で耐えた広島は、ボールを奪うと敵陣深くでのワンタッチパスや、サイド突破からのクロスなど、イマジネーション豊かな攻撃で相手ゴールに迫る。
 
 58分、広島は森島司と青山敏弘を投入し、攻撃に厚みを加える。すると71分、GKからのロングフィードを相手DFの裏で受けたドウグラス・ヴィエイラが、GKの動きを見てループシュートで冷静に決める。

 さらに81分には途中出場のレアンドロ・ペレイラ、88分には柏好文がダメ押しゴールを挙げる。試合終了間際に失点したものの、4-1で広島が快勝。価値ある2連勝を挙げた。
 
 次戦は13日に広島がアウェーで川崎フロンターレと、清水は12日にホームで鹿島アントラーズと16節を戦う。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ