攻撃面では高卒ルーキーへの期待も!共通理解が進む京都、上位争いに踏みとどまれるか?

カテゴリ:Jリーグ

雨堤俊祐

2020年09月09日

17節・千葉戦で7試合ぶりの勝利。布石は前節の大宮戦に

17節の千葉戦ではP・ウタカ(写真)、J・バイスのゴールで勝利。7試合ぶりの勝利を飾った。写真:滝川敏之

画像を見る

 J2リーグ17節・千葉戦で、京都は7試合ぶりに勝利した。40分にレナン・モッタが敵陣深くで相手DFからボールを奪い、ピーター・ウタカが先制点。前半アディショナルタイムの49分にも、この日攻守に効果的なプレーを見せながら無念の負傷交代となったモッタが最後に獲得したCKをヨルディ・バイスが決めて2-0とする。後半途中からは守備の時間が増えたが、最後は守備時にDF6人を並べる布陣で逃げ切った。

 勝点3という結果に胸を撫で下ろした實好礼忠監督は、試合内容についてもある程度改善できた感触があるようだ。例えば守備面の「自分たちからアクションを起こして守備をしたいけれど、それがすべて前から前から行くようになっていて、前と後ろの距離が開くことが多くなっていた」と勝てない時期の問題点について「そればかりじゃなくて、メリハリを付けようと。全部、行ききらなくていい。(プレスに)行って相手に剥がされれば、一度しっかりポジションをとる。そこからズルズル下がらずに、また守備をする。僕が上手く伝えきれていなかったのもあるが、選手の共通理解のところが良くなりました。大宮戦と千葉戦は、バイタルエリアに入れられて大きなピンチというのは少なかったと思います」と分析している。

 ここで指揮官が「大宮戦と千葉戦は……」と話したように、布石は3日前の16節・大宮戦にあった。敵地への移動も伴う過密日程の中、前の試合から先発8人の入れ替えを敢行。ウタカら主力選手を帯同させないという思い切った判断を下して臨んだ一戦で、試合内容にも改善が見られた。

 その要因は、出場機会の少ない選手たちが、与えられたチャンスの場で奮起したこと。そして、献身的な守備ができる野田隆之介が前線に入り、バイスが出場停止の3バックの中央にはラインコントロールに秀でた安藤が起用されるなど、起用された選手の特徴が『コンパクトな陣形を保って守備をしたい』というチーム状況とかみ合ったのも大きかった。前線からのプレスに中盤が連動してボールを奪いに行くシーンが何度もあり、終了間際の失点で敗れはしたが、チームには次節に向けて『大宮戦でよかったところを継続していく』(實好監督)という共通認識が生まれていた。
 
【関連記事】
Jユース昇格を断り京都橘へ。Jクラブのスカウトに見せつけた2年生エースの実力と名門守護神の壁
【京都】ホーム4戦全勝! 決勝弾で見えたチームの着実な歩み。ノーゴール判定にも屈しなかったふたつの要因は…
【播戸竜二のJ2順位予想/更新版】トップ3の予想は変更なし。順位を下げた京都は實好監督の手腕次第で上位進出も
【名良橋晃のJ2順位予想/更新版】大宮と長崎は指揮官の存在が心強い!京都の實好監督の手腕にも期待
【J2】首位長崎、玉田圭司の先制弾も勝ち切れずドロー!2位北九州は3失点で11試合ぶり敗戦!3位徳島は着実に勝点3

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ