【J1採点&寸評】C大阪3-0浦和|2得点を演出したドリブラーを文句なしのMOMに! 今季初弾ストライカーの評価は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月06日

C大阪――アシスト&オウンゴール誘発の坂元がトップ評価!

【警告】C大阪=片山(51分) 浦和=山中(51分)
【退場】C大阪=なし 浦和=なし
【MAN OF THE MATCH】坂元達裕(C大阪)

画像を見る

[J1リーグ14節] C大阪3-0浦和/9月5日/ヤンマースタジアム長居
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 7
2日のルヴァンカップ・柏レイソル戦で敗れていただけに、これからリーグ戦に集中していくうえで大きな勝利となった。前半は思うような試合運びができなかったが、後半開始早々の先制点で流れを掴み、これで3連勝。ルーキー藤尾の初ゴールも今後への好材料となった。

【J1第14節PHOTO】C大阪3-0浦和|C大阪が3発快勝・3連勝で2位キープ!ユース育ち藤尾がJ1デビュー戦で嬉しい初ゴール!

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
枠内に飛んでくる決定的なシュートはなかった。ハイボールの処理やビルドアップはほぼ安定していた。

DF
2 松田 陸 6.5
守備時には何度かを裏を取られたものの、3分の絶妙なクロスに始まり、攻撃参加で何度も好機を演出した。

22 マテイ・ヨニッチ 6.5
ゴール前で激しく身体を寄せ、決定的なチャンスをほぼ与えなかった。5試合ぶりの完封に貢献した。

15 瀬古歩夢 6.5
相手FWへの対応、ビルドアップともに進化の一途。後半途中から興國高の先輩、杉本とマッチアップ。

16 片山瑛一 6.5
リーグ戦で2試合連続スタメン。30分の豪快なドリブル突破など、丸橋に負けない働きぶりを見せた。
 
MF
MAN OF THE MATCH
17 坂元達裕 7(86分OUT)
48分に都倉へのクロスで先制点をアシスト。74分には得意のキックフェイントからオウンゴールを誘発。文句なしのMOMだ。

3 木本恭生 5.5(83分OUT)
離脱中のデサバトに代わってボランチに入ったが、組み立てに苦戦。もう少し前を向きたい。

5 藤田直之 6
90分間を通してさすがの安定感。絶妙な立ち位置でダブルボランチを組んだ木本を助けた。

10 清武弘嗣 6.5(83分OUT)
15分には都倉への浮き球パスで好機を演出。48分には坂元へのロングパスで先制点へつなげた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ