スアレスがユーベに加入したら前線はどうなる? 強力3トップ誕生の可能性を英紙が特集!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月02日

右SBのターゲットも併せて報道

左からディバラ、C・ロナウド、スアレス。強力3トップの誕生か?(C)Getty Images

画像を見る

 バルサ退団が濃厚となったウルグアイ代表FWルイス・スアレス。いくつかのクラブが移籍先候補に挙げられているが、なかでも有力と見られているのがユベントスだ。

 そんななか、英紙『The SUN』は、「ユベントスはピルロ体制下で、ロナウドのパートナー・スアレスをどのようにラインナップに組み込むか」という見出しの記事を掲載した。

「スアレスは(ユベントスの本拠地がある)トリノへの移籍を巡って、ユーベの元主将で現副社長のパベル・ネドベドと接触していると報じられている。さらに報告では、クラブと選手の間の話し合いは順調に進んでいることが分かっている。

 一方ユベントス側も、退団するゴンサロ・イグアインに代わる新しいストライカーを必要としている。スアレスは、かつてスペインでロナウドの最大のライバルの1人であったにもかかわらず、その条件を満たす可能性がある」

 ユベントス加入は間近としたうえで、かつてリーガでライバルクラブで戦ってきた“因縁”のC・ロナウドとの共演にも注視している。

 さらには、それを踏まえたフォーメーション予想も出しており、4-3-3で3トップには左からパウロ・ディバラ、スアレス、C・ロナウドと並べた。実現すれば、かつて世界を席巻したバルセロナの“MSN”、レアル・マドリーの”BBC”を彷彿させる強力トリデンテの誕生となるだけに、期待が高まる。
 
 また記事では、ピルロ新監督が新しいストライカーの獲得はもちろんのこと、守備の強化にも力を入れていることにも触れている。

「ユベントスは、アーセナルのDFエクトル・ベジェリンにアプローチしたと報じられている。イタリア紙『Corriere dello Sport』によれば、アーセナルは25歳のベジェリン譲渡には少なくとも2700万ポンド(37億8000万円)の支払いを要求していることも伝えられている」

 なお、『The SUN』のフォーメーション予想では、このベジェリンを右SBに配置し、新指揮官の目指す布陣を予想している。

 報道の通り、オランダ、イングランド、スペインを渡り歩いてきた33歳のベテランストライカーは、新天地にイタリアを選ぶのか。その動向に注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ