「中国をなめていた」上海上港のオーストリア代表“悪童”FWが衝撃告白!「練習せず、炭酸飲料ばかり飲んで…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年09月02日

ACLでは横浜と対戦

中国での生活について語ったアルナウトビッチ。(C) Getty Images

画像を見る

 昨年7月に、ウェストハムから上海上港へ移籍したオーストリア代表FWのマルコ・アルナウトビッチが、中国での一年を振り返った。

 移籍金2300万ポンド(約32億円)でアジアへ渡った大型ストライカーは、「中国を過小評価していた」という。『Beanyman Sports』で語った内容を英紙『Daily Mail』などが伝えている。

「中国をなめていた。トレーニングしなかったし、身体のケアもしなかった。よく食べて、スプライト、コカコーラ、ファンタ…身体に良くないあらゆる炭酸飲料を飲んでいた」と語ったアルナウトビッチは、不摂生な生活について、さらにこう続けた。

「間違った時間に食事をしてしまってね。中国に来たとき、こっちの時間に順応できるようになるまで約3週間かかったから、眠れなかったんだ。朝6、7時に寝て、午後3、4時に起きて、トレーニングに行く。また一晩中起き続けて、間違った時間に食べてしまう」

【PHOTO】ガスコイン、バートン、バロテッリ…ピッチ内外を騒がせるも憎めない悪童30選!
 31歳となった“悪童”はその後、この問題を真剣に受け止め、クラブの期待に応えるべく、改善を図ったという。

「俺が来て、タイトルのためにプレーすることをクラブが望んでいたことを心に留めるようにしている。もっと良くする必要があるから、俺は変わった。そうでなきゃ、ここではプレーできない」

 心を入れ替えたアルナウトビッチは、ここまで23試合に出場し、実に14ゴールを挙げている。上海上港は、アジア・チャンピオンズリーグで横浜F・マリノスと同グループとなった(10月23日と26日に対戦予定)。“生まれ変わった”この点取り屋が、Jリーグ王者の前に立ちはだかるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
“冷蔵庫の配達人”から7年でセリエAの舞台へ!29歳ブラジル人FWの知られざるシンデレラストーリー
「明らかに環境がおかしい」「身体が拒否反応を…」オーストリア代表FWが中国移籍破談の過去を告白
「練習を何度も狂わされた…」アルナウトビッチの中国移籍の“真相”を元ウェストハムの女子選手が激白!
「数秒で医務室送りにしてやった…」マテラッツィ、“悪童”バロテッリへの“しつけ”をやった過去を語る
「衰えは隠せない」「日本へ行けば?」退団発言のフッキに中国のファンから非難殺到!「チームを壊そうと…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ