バルサ以上の混乱ぶり!お家芸のゴタゴタが続くバレンシア、主力大量放出の真の理由

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年09月01日

すでに5人の主力が退団

バレンシアの主力放出は今後もさらに続くのか。(C)Getty Images

画像を見る

 スペインのスポーツメディアでは連日、バルセロナのサイクルの終焉がクローズアップされているが、今夏そのバルサ以上に解体が進行しているのがバレンシアだ。

 契約満了のエセキエル・ガライも含めて、ここまでダニエル・パレホ、フランシス・コクラン(ともにビジャレアルへ)、ロドリゴ(リーズへ)、フェラン・トーレス(マンチェスター・シティへ)と、すでに5人の主力が退団している。
 
 ここまで急ピッチでチームの解体が進められたのは、給与の支払いにも四苦八苦するほどの深刻な財政難に加え、元監督であるマルセリーノ・ガルシア・トラルのカラーが強い選手をフロントが追放したかったからだ。

 ガライやパレホがまさしくそうで、さらにコクランは、昨年9月にマルセリーノ監督が解任された直後にメディカルチームの責任者に就任したペドロ・ロペス・マテウと、怪我の診断を巡って激しい口論をかわしたことも影響したと伝えられている。

 キャプテンで大黒柱だったパレホと、セントラルMFだけでなくCBとしても活躍したコクランのふたりを叩き売りするかのような安価で、隣町のライバルクラブ、ビジャレアルに放出したのはそうした背景があったからでもある。

 現地では経営陣に対する抗議デモも起こっており、このお家芸ともいえるゴタゴタは当分続きそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
なぜ久保建英は契約寸前でセビージャ移籍を取りやめたのか――。どうしても譲れなかった“条件”とは?
「日本のファンは理解できない」久保建英のスタメン落ちに対する“反応”に現地注目!「ショックだった」
「タケは最大のライバルに一歩リードされている」3戦目を終えた久保建英の現状をスペイン紙番記者はどう見ているのか?【現地発】
「ファンタジスタか」久保建英が決めた超絶ヒール弾にファン驚愕!「ワォ、メッシ2.0だ」
「アジアの2つの宝石を手中に…」マドリーが“悩める韓国の至宝”の獲得をオファーと現地報道!バレンシアの反応は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ