オランダ代表に初招集された“堂安の18歳同僚”イハッターレンとは何者か?「ネクスト・スナイデル」との呼び声も!

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年08月31日

クーマン前監督が三顧の礼で迎えたPSVの逸材

19-20シーズンのPSVでは、4-3-3のトップ下を主戦場に、攻撃のタクトを振ったイハッターレン。(C)Getty Images

画像を見る

 8月28日、オランダ・サッカー協会(KNVB)は、9月4日と7日に行なわれるUEFAネーションズ・リーグのポーランド戦とイタリア戦に向けて、オランダ代表の招集メンバーを発表した。

 リバプールのフィルジル・ファン・ダイクやジョルジニオ・ヴァイナルダム、マンチェスター・シティへの移籍が決まったネイサン・アケー、リヨンのメンフィス・デパイなど実力者が順当に名を連ねている。

 そんななか、大きな話題を読んでいるのが、初招集されたPSVのMFモハメド・イハッターレンだ。

 ラスト30メートルの崩しとフィニッシュで違いを生み出す18歳は、「ネクスト・スナイデル」との呼び声が高く、オランダの年代別代表に選ばれてきたエリートだ。
 
 19-20シーズンは、PSVで公式戦34試合に出場するなどスタメンに定着。日本代表MFの堂安律らともにチームの攻撃の一翼を担い、9ゴール・9アシストとブレイクを果たした。

 昨年9月には、家族がルーツを持つモロッコからA代表入りを打診され、生まれ育ったオランダとの選択を迫られた。病気の父親の看病を優先するために結論を先送りしたが、翌月にその父が他界。考え抜いた末にイハッターレンはオランダ代表を選んだのだった。

 その決断を後押したのが、先日、バルセロナの新監督就任が決定した元オランダ代表のロナルド・クーマンだ。

「KNVBを通して彼と彼の家族と何度も話し合った。彼を説得するためにできる限りのことをしたよ」と話している。

 主に4-3-3や4-2-3-1を使用するオランダ代表では、ウイングや2列目での起用が予想されるイハッターレン。9月にA代表デビューを果たすのか。注目が集まる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ