「本当に辛かった…」同胞MFが語る、メッシが“マンチェスターに行くべきではない理由”

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月31日

同胞MFがシティ移籍に待ったをかけるワケ

バルサに見切りをつけたメッシは、シティ移籍が取り沙汰されているが……。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月25日にバルセロナのリオネル・メッシがクラブに退団の意思を伝えたという衝撃のニュースが世界中を駆け巡って以来、サッカー界はこの話題で持ちきりだ。

 29日には、地元カタルーニャのラジオ局『RAC1』が、8月31日のプレシーズントレーニングへの参加をメッシが拒否したと報道。残留の意思がないのはもはや明確で、7億ユーロ(約875億円)の契約解除金が有効かどうかに焦点は移っている。

 そんななか、メッシ獲得レースのポールポジションにいるとされるのが、マンチェスター・シティだ。地元メディアでは、恩師のジョゼップ・グアルディオラと本人が直接電話で話したという報道も出ている。

 だが、メッシのシティ移籍に反対する声もある。母国紙『Ole』で、「マンチェスターへ行くのは薦めない」と語ったのは、アルゼンチン人MFのエセキエル・ディ・アンジェロだ。

 現在アルゼンチン3部のCDモロンに在籍するディ・アンジェロは、2011年に当時の指揮官であるロベルト・マンチーニに見込まれ、シティにテスト生として参加した経験を持っている。
 

 地元の古豪チャカリータから、マンチェスターに乗り込んだディ・アンジェロは、わずか1か月で故郷へ舞い戻った当時の経験を口にした。

「マンチェスター・シティでのことは素晴らしい経験にはなったよ。約1か月だけだったけどね。プレー事態も悪くはなかったし、経験としては誇りに思えるよ。ただ、ほぼ毎日のように雨が降って、寒くて、家は全てが同じようで、殺風景で何もないのは本当に辛かった。僕が見てきたものとは全くことなる世界だった」

 そして、31歳のアルゼンチン人MFは、同胞のスーパースターにメッセージを送っている。

「おそらく彼はいま、バルセロナで幸せを感じていないんだろう。それで別の空気を欲しているんだろうね。だから、イギリスに行きたいと思うなら行くべきだと思うけど、あの天気だけは慣れないと思うよ。バルセロナで住んでいたならなおさらね。お薦めはできない。それだったら、ネイマールとの兼ね合いはあるだろうけど、パリの方がいくらか楽に暮らせると思う」

 約20年以上も“太陽の街”で暮らしてきた男にとって、マンチェスターの気候はたしかに馴染めないかもしれない。ただ、そんなことよりも、とにかく高いモチベーションでプレーできるチームで新たな挑戦がしたい。それがメッシの本音だろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ