「オファーを受けたら真剣に考える」オランダ代表監督の後任人事はファン・ハールが最右翼?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年08月31日

3度目の就任へ前向きな発言も

第2次政権時には14年ブラジルW杯でオランダを3位に導いたファン・ハール。(C)Getty Images

画像を見る

 オランダ代表は、8月19日に指揮官のロナルド・クーマンがバルセロナの新監督に就任したため、9月4日(ポーランド戦)と7日(イタリア戦)に行われるUEFAネーションズ・リーグは、アシスタントコーチのドワイト・ローデベーヘスが暫定で指揮を執る。

 このUEFAネーションズ・リーグに加え、21年6月にはEURO2020が控えており、オランダ・サッカー協会(KNVB)は、クーマンの後任人事に奔走している。

 バルセロナやEURO2000でオランダ代表を率いたフランク・ライカールトや元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲルらの名前が挙がるなか、最有力候補と言われているのは、オランダ代表監督を2度務めているルイス・ファン・ハールだ。
 

 ファン・ハールは、バルセロナやバイエルン、マンチェスター・ユナイテッドとメガクラブの監督を歴任し、2014年のブラジルW杯では母国を3位へと導いた名将だ。

 ウェブで定期配信されているオランダのトーク番組『NOS Studio Voetbal』で、ファン・ハールと連絡を取り合ったというジャーナリストのアルノー・ヴェルミューレンは以下のように語っている。

「彼(ファン・ハール)は協会から正式に要請があれば、真剣に考えると話していた」

 同じく出演した元オランダ代表FWのピエール・ファン・ホーイドンクも「彼がその気なら最有力候補だろう」と発言している。

 はたして3度目の就任となるのか。後任人事の行方に注目が集まる。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ