【千葉】夏場の“5連戦”で貫いた「2チーム体制」――露呈した問題点とJ1昇格に向けた収穫

カテゴリ:Jリーグ

赤沼圭子

2020年08月25日

5連戦では3連勝後に2連敗

長崎戦敗戦に「距離感が悪くてリズムが出なかった」と語った小島秀仁。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2リーグ14節]千葉1-2徳島/8月23日(日)/フクダ電子アリーナ

 第10節から週末と平日のゲームが続く今季初の“5連戦”で、まず3連勝を飾り、波に乗ったかに見えたジェフユナイテッド千葉。だが、首位のV・ファーレン長崎、3位の徳島ヴォルティスと対戦した最後の2試合は、攻守に課題を突き付けられる連敗となった。

 この連戦を千葉は『2チーム体制』のターンオーバーで戦い、第10節・町田戦は2-0、第11節・松本戦は3-0、第12節・磐田戦は2-1と今季初の3連勝を達成した。

 開幕戦後に新型コロナウイルスの影響でリーグが中断し、全体トレーニングができない時期も長かったことから、鍛え上げたフィジカル、攻守のチーム戦術の浸透と体現は、後退した感があった。しかし、試合を重ねていくうちにプレーの感覚やスタミナは戻り、選手個々も組織もレベルアップ。3連勝はそれを証明するものだった。
 
 しかしその矢先、第13節では千葉の守り方を分析した長崎のパスワークによって、攻守の距離感を狂わされ前半のうちに2失点。後半は自陣でブロックを築くよりも、より前で長崎にプレスをかけに行ってリズムを取り戻したが、0-2で敗れた。スタメン出場のボランチ小島秀仁は試合後、前半のうちに守り方を変える判断ができなかったこと、悪かった距離感の修正をできなかったことを悔やんだ。

「自分たちでリズムを崩したというか、簡単なミスから相手のリズムになり、そこで引いちゃった部分がある。それでペースを持っていかれたという感じがします。自分たちのミスというか、立ち位置が悪かったので、うまくカウンター攻撃につなげられない部分がありました。

(直近3試合で)勝っていた時は本当に距離感が良くて、引いて守っている時でも前に行けていました。今日は本当に距離感が悪くてリズムが出なかった。長崎の立ち位置がうまかったし、それをうまく自分たちが消せなかった。向こうのほうが上だったのかなと思います」(小島)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ