【J1採点&寸評】FC東京3-0湘南|MOMは待望の初ゴールを挙げたスピードスター!FC東京はJ1初先発の若手2人も躍動

カテゴリ:Jリーグ

後藤勝

2020年08月24日

FC東京――初先発の品田ら出場機会の少なかった選手たちが奮闘

【警告】FC東京=なし 湘南=坂(58分)、松田(72分)
【退場】FC東京=なし 湘南=なし
【MAN OF THE MATCH】永井謙佑(FC東京)

画像を見る

[J1リーグ12節]FC東京3-0湘南/8月23日/味の素スタジアム
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6.5

J1初スタメンとなる品田と中村拓を交えながらも個の力の差を見せつけ、危なげない勝利。ここまで出場機会の少なかった選手たちが結果を残したことが収穫。

【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 6.5

鳥栖戦での敗戦を機に3試合ポジションを波多野豪に譲ったが、今節満を持して復帰。55分にタリクのシュートを弾き、1対1もよかった。

DF
22 中村拓海 6.5(63分 OUT)

J1初先発ながら伸び伸びとプレー。積極果敢に右サイドを駆け上がりコンビネーションに参加、シュートにクロスと攻撃面で見せた。

4 渡辺 剛 6.5
最終ラインを堅実にコントロール。派手なプレーはなくとも冷静に締めていた。17分に接触で倒れるも、すぐに立ち上がる闘志やよし。

3 森重真人 6.5
攻守のバランスが絶妙で、GKを素で晒す場面はほとんどなかった。セットプレーも迫力があり、73分の右CKを決められればなおよかった。

6 小川諒也 6
レアンドロ、安部との左サイドトリオで湘南の右サイドを圧迫。守っても有効打を打たせず、完封に貢献した。頼もしさを感じるフル出場。
 
MF
7 三田啓貴 6(63分 OUT)

中に切り込んでの左足シュートなどで攻め立て、ペースを相手に渡さない働き。次は直接ゴールやアシストに結びつく活躍をしたい。

44 品田愛斗 6.5
J1出場は2試合目だが、先発はこれが初。落ち着いてアンカー役をよくこなした。78分のシュートに飽き足らずさらなる成長を期待。

31 安部柊斗 6.5
初先発の品田をよくフォローしながら攻守に奔走し、90分フル出場。半年間の経験でベテランのような盤石さが身についてきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ