「屈辱を味わったとは思えない…」大はしゃぎで古巣セビージャを祝ったラキティッチにバルサ首脳陣が憤慨!?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月23日

着衣でプールにダイブ!

セビージャのEL制覇に歓喜したラキティッチの振る舞いが話題を集めている。 (C) Getty Images

画像を見る

 古巣の戴冠に歓喜した名手の振る舞いが物議を醸している。渦中にいるのは、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチだ。

 発端となったのは、現地時間8月21日に開催されたヨーロッパリーグ決勝後の振る舞いだ。

 セビージャがインテルを3-2で撃破して、大会最多となる6度目の優勝を成し遂げた直後だった。セビージャの地元テレビ番組にオンライン出演したラキティッチは、満面の笑みを浮かべながら、服を着たまま、近くにあったプールにダイブ。文字通りのはしゃぎっぷりで、かつて3年半プレーしたチームの偉業を祝ったのである。

 だが、バルセロナは、一連の振る舞いに心証を害しているようだ。同クラブの贔屓紙として知られる『Mundo Deportivo』によれば、約1週間前に2-8でバイエルンに屈して2019-20シーズンの終幕を迎え、チームがそのダメージを拭いきれていないなかでのクロアチア代表の振る舞いを、クラブ関係者は「アンプロフェッショナル」と見ているという。
 

 また、同じくバルセロナに拠点を置く日刊紙『La Vanguardia』も「予想外の祝勝だった」と綴り、次のようにレポートした。

「バイエルンとの対戦で歴史的な屈辱を味わった後とは思えなかった。その試合でもプレーしなかったラキティッチは、セビージャの優勝に喜びを押し殺すどころか爆発させた。彼は以前からセビージャとの関係が指摘されてきたが、今回の行動によってバルサは以前のように拒否することをやめたかもしれない。少なくともクーマンは、ラキティッチの放出に向けて動き出すだろう」

 現在32歳のラキティッチは、これまでもたびたび放出候補に挙がっており、今月18日に発足したロナルド・クーマン新体制下でも重用されるとは考えにくい。一部メディアでは、今夏の退団は避けられず、セビージャへの復帰やセリエAのクラブへの移籍が囁かれている。

 そんな状況下で、この大はしゃぎは一体何を意味するのか。少なくとも、地元メディアの見立て通り、今のバルサにラキティッチの居場所がないのは間違いなさそうだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
今冬のバルサは「買いより売り」。ラキティッチは高値で売却できる最後のチャンス
「直接言えばいい!」放出候補入りを知ったスアレス、バルサ首脳陣に苦言「情報をリークされるよりは…」
“激震”バルサが公表した「放出しない選手7人」がまさかの顔ぶれ!リストから漏れた主力は売却候補に…
「マドリーは最低5億円を期待」久保建英の活躍によってレンタル料が増加!“おいしい”特別条項を結んだ背景は?
メッシ、クーマン新監督との“会談リーク”で怒りが増幅!? バルサ上層部と親しいメディアの報道に疑い

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ