「おぉ、なんて美しい!」セビージャDFの“歴史に残る”バイシクルシュートに称賛相次ぐ!「驚異的なゴールだ」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月22日

公式記録はオウンゴールに変更

74分に決勝点となるオウンゴールを誘発するバイシクルシュートを放ったD・カルロス(20番)。(C)Getty Images

画像を見る

 記録はオウンゴールだった。だが、歴史に残る一撃だった。

 現地時間8月21日にドイツのシュタディオン・ケルンで行なわれたヨーロッパリーグの決勝で、最多5度の優勝を誇るセビージャがインテルと対戦した。

 立ち上がりから両軍が激しく攻め合う展開となったこの試合を決定づけたのは、圧巻のバイシクルシュートだった。

 2-2で迎えた74分、敵陣で得たFKをエベル・バネガがゴール前に送り込む。ステファン・デフライがクリアしたボールが空中に上ると、CBのジエゴ・カルロスが右足でバイシクルシュート。これが敵FWロメル・ルカクの足に当たってゴールに吸い込まれた。

 当初はD・カルロスのゴールとして認められたが、後になった公式記録はルカクのオウンゴールに変更された。それでも、この鮮やか一撃が色褪せることはない。

【動画】「伝説的なアクション!」決勝点を呼び込んだD・カルロスの圧巻バイシクルシュート
 スペイン紙『AS』は、「ジエゴ・カルロスの伝説的なアクションが6度目の戴冠をもたらした。歴史に残るシュートを閃いた」と絶賛すれば、同じく全国紙の『MARCA』も「信じられないバイシクルシュートを放った」と称えている。

 また、クラブの公式ツイッターには、ファンから「おぉ、なんて美しい!」「驚異的なゴールだ」「なんだ、このシュートは!」「ゴラッソだ」といったコメントが寄せられた。

 開始3分にルカクを倒して先制点となるPKを献上していただけに、負けていれば戦犯扱いを受けかねなかった男が一転、ヒーローになるのだから勝負は分からない。

 前人未到の6度目のタイトルをもたらしたのは、記録には残らない、記憶に残るゴールだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ