【鹿島】GKの世代交代が本格化。その進捗状況についてザーゴ監督の見解は?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年08月15日

「悩む必要はまったくないと思う」

8月の公式戦でそれぞれプロデビューを飾った20歳の沖(左)と18歳の山田(右)。次世代を担う守護神候補のさらなる成長に期待だ。写真:滝川敏之、J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

「チームの若返りをしなくてはいけない。GKもその時期に来ていると思う」

 8月15日のオンライン取材に応じたザーゴ監督に、20歳の沖悠哉と18歳の山田大樹、ふたりの若いGKのポテンシャルについて訊けば、指揮官はまず冒頭のように切り出してから、「将来性のある有望株で、練習で見せていたパフォーマンスや日々成長しているところを実戦で示してくれた」と続けた。

 沖は8月8日のJ1第9節の鳥栖戦(〇2-0)、山田はその4日後のルヴァンカップ第3節の清水戦(〇3-2)でそれぞれプロデビューを飾り、チームの勝利に貢献。ザーゴ監督は「DF陣へのコーチングや動かし方でも、若くても遠慮せずに指示を出していた。ポジショニングも非常に良かった」と目を細める。

 そして「忘れてはいけないのが」と強調したのが、クォン・スンテや曽ケ端準ら経験豊富なGKの存在だ。

「彼ら(沖と山田)の成長を早めている、または強める役割を果たしているのが、スンテ選手や曽ケ端選手だ。自分のポジションを守ろうとすると同時に、若手の成長を促すようにいろんな助言をしている姿が見受けられる」

 実際、ルヴァンカップの清水戦でも、ベンチに入ったクォン・スンテが先発した山田に対し、熱心にアドバイスを送る場面があった。世代交代は着々と進むなか、正守護神の座を巡る争いはさらに熾烈になるのか。沖や山田の成長ぶりを見れば、指揮官としても悩ましい部分があるのではないか。ザーゴ監督は「悩む必要はまったくないと思う」と自らの考えを述べたうえで、今後に向けて次のように語る。

「若いふたりは練習でも試合でも成長していることを証明している。ただ、彼らに足りないのは経験値であり、それは試合でしか積み上げることができない。そのような考えを持って取り組んでいきたい」

 チームの直近5試合の戦績は3勝1分1敗。リーグ再開直後の大不振から脱しつつある。少しずつ上昇気流に乗りながら、次世代を担うべき選手が力をつけていく。GKはその良いサイクルに入ったポジションのひとつでもある。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第9節PHOTO】鹿島2-0鳥栖|和泉の移籍後初得点&エヴェラウドの3戦連発弾がさく裂!鹿島が鳥栖を撃破し連勝を飾る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ