• トップ
  • ニュース一覧
  • 【川崎】好タレント輩出で光るアカデミーの充実ぶり。リモートスカウト活動“F活”も実施

【川崎】好タレント輩出で光るアカデミーの充実ぶり。リモートスカウト活動“F活”も実施

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年07月22日

アピール動画を募集

脇坂(8番)、田中(25番)らユース出身者の活躍が光る川崎。チームも好調だ。

画像を見る

 公式戦再開後、4連勝と絶好調で、リーグを席巻するのが川崎だ。この後、22日、19時半から6節のアウェー仙台戦を迎えるが、連勝を伸ばせるのか注目される。

 その川崎において近年光るのが、アカデミーの充実ぶりだろう。現在は2017年にユースから昇格した田中碧、U-18から阪南大を経て2018年にクラブに戻ってきた脇坂泰斗がチームの中軸として台頭。ベルギーのアントワープでプレーする三好康児、オランダのフローニンヘンに所属(マンチェスター・シティからのレンタル)する板倉滉も川崎アカデミーの出身である。

 さらに現在のチームには、東京五輪世代のドリブラー、三笘薫(筑波大進学後、今季クラブに復帰)、クラブとして初の高校3年時にプロ契約を結んだ将来のエースストライカー候補、宮代大聖と、今後の成長が楽しみな人材も顔を揃える。

 ちなみにスペインで活躍する久保建英もかつて川崎U-10に所属したことが広く知られている。
 
 アカデミー組織としてはU-18からU-10まで各カテゴリーを揃え(U-18、U-15、U-13、U-12、U-10)、若き芽を育成中だ。

 ただ、U-12、U-10のカテゴリーにおいては、各学年で加入できる人数が限られており、可能性を持った選手すべてを受け入れることができない状況になっており、2013年度からは「エリートクラス」を設立。U-15チームへの合流を目指し、選手育成を行なっている。

 そして6月29日から8月31日までは、“より多くの選手の可能性/より優秀なタレントの発掘”をテーマに「リモートスカウト活動~F活~」をスタートしている。

「F活」とは、サッカーを心から楽しみ(Fun)将来(For the future)川崎の選手になるべく目標に励み、その可能性を秘めた(Frontier) 人材を発掘すべく、動画を応募で募り、リモートでスカウト活動を行なうというもの。

 ある一定の評価を得られた選手については、エリートクラスへの練習参加など、その可能性を発揮できる機会を創出するという。対象はエリートクラス活動に通うことができる範囲に住んでいる現小学5年生(2009年4月2日~2010年4月1日生まれ)。

 提出する動画は、2020年に撮影したもので、フィールドプレーヤー、GKともに2種類を投稿することになっている。その2種類とは、アピール動画(必ず動画の最初に自己紹介を入れた最大5分までのひとつの動画)と、試合動画(①20分未満の試合動画を最大4つまで可能、②できる限り編集されていない動画が望ましい)だ。

 果たしてこの活動を通じて、クラブの未来を背負うような新たな金の卵は現われるのか。ここ3年連続でタイトルを獲得してきたトップチームを下支えする、アカデミーの活動にも注目だ。

 詳しくはこちら https://www.frontale.co.jp/info/2020/0629_6.html

構成●サッカーダイジェスト編集部 
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】MVPは圧巻のドリブルで観客を沸かせたFC東京の“重戦車”! 復帰戦2ゴール、川崎のエースも|5節
【川崎】話題を呼んだ“ルーレット”の裏側。長谷川竜也が好調だからこそ抱える課題
【川崎】静けさが漂うスタジアムでの発見。光る登里享平の“声”での貢献
【川崎】抜群の選手層を象徴する存在。いぶし銀の下田北斗の献身
【川崎】セットプレー強化の理由。光る脇坂泰斗のキック精度と戸田コーチらスタッフの存在

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ