• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1ベストイレブン】MVPは圧巻のドリブルで観客を沸かせたFC東京の“重戦車”! 復帰戦2ゴール、川崎のエースも|5節

【J1ベストイレブン】MVPは圧巻のドリブルで観客を沸かせたFC東京の“重戦車”! 復帰戦2ゴール、川崎のエースも|5節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月20日

得点が多く生まれた今節は、5名のFWを選出

【5節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、7月18日に各地で5節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 最も高い採点だったのが、16年ぶりとなる味スタでの浦和戦勝利に貢献した、FC東京のFWアダイウトン。61分の途中投入から5分後、相手の自陣でのパスミスを見逃さずにボールを奪うと、強靭なフィジカルを駆使してDFをものともせず、ドリブルで単独突破。最後は冷静に右足でゴールに流し込んだ。

 重戦車のような力強さで浦和を突き放す貴重な追加点を挙げた、このブラジル人アタッカーを最高評価「8」で今節のMVPとした。なおFC東京からは、攻守で奮闘したDF森重真人も選出している。
 
 大量5ゴールで横浜FCに大勝した川崎からは、FW小林悠とDF登里享平をセレクト。前者は怪我からの復帰戦でいきなり2得点を挙げ、改めて実力を証明。後者は、左サイドでの無駄のないプレーでチームに貢献。ここ数試合で常に目立った活躍を見せている。

 また、今節はスコアレスドローがゼロで、川崎や鹿島などを筆頭に多くの得点が生まれた。それ故に、いつにも増してFWの選出が多くなっている。前述の2名のほかにも、上田綺世(鹿島)、古橋亨梧(神戸)、アデミウソン(G大阪)を選出。いずれもチームを勝利に導くゴールを挙げるなど、圧倒的な存在感を見せた。

 そのほかにも、PK獲得と決勝弾を挙げた柏のMF仲間隼斗。連戦の中でも最後まで運動量が落ちなかった名古屋のMF稲垣祥。積極的にゴール前へ顔を出して決定機に絡んだ札幌のDF進藤亮佑をチョイス。GKには、冷静なセーブでC大阪の勝利に貢献したキム・ジンヒョンを選んだ。

【PHOTO】J1第5節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!
【関連記事】
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
あのブラジル人J戦士はいま【第1回】ビスマルク――「自分のような選手を助けてあげたかった」
「僕を驚かせた」イニエスタが伊紙に語ったJリーグのレベルとコロナ禍「日本を選んだのは…」
【巻誠一郎のJ1順位予想/更新版】優勝候補は戦い方にブレがない川崎。開幕前に2位予想の鹿島は…
【早野宏史のJ1順位予想/更新版】過密日程下ではタレント豊富な横浜が有利か。鹿島は戦術の浸透に時間が…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ