【川崎】抜群の選手層を象徴する存在。いぶし銀の下田北斗の献身

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年07月18日

柏戦で好プレーを見せる

柏戦で先発した下田。好プレーを示した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 選手層の厚さを物語った、J1・4節の柏戦。その象徴となったのが、DF車屋紳太郎、MF守田英正とともに今季初スタメンを飾ったMF下田北斗だった。

 ホーム等々力陸上競技場で約5か月ぶりに観客を入れて行なわれた柏戦は前節から中2日。リーグ再開後、6ゴール・1失点で2連勝と好調のチームにおいて、鬼木達監督は3人の先発を入れ替えた。

 新たにスターティングメンバーに選ばれたのが前出の3人で、それぞれが持ち場で奮闘。今季から採用している4-3-3のインサイドハーフで、好プレーを見せたのが下田だった。

 今季、中盤3枚はアンカーに田中碧、インサイドハーフに大島僚太、脇坂泰斗の組み合わせが多く、チームの成績が物語るように上々のプレーを見せてきた。だからこそ、下田は緊張感を持ってピッチに足を踏み入れたという。

「すごく良い流れでチームもきていたし、連戦ではありましたが、ある意味(メンバーを)変えなくても良い状況だったとは思うんです。そのなかで監督が信頼して使ってくれた。それに応えたい、自分は自分の良さを出してやらなければいけないなと、しっかりプレーしたいと思っていました」

 レギュラーを争う大島や脇坂に比べれば、技術力では劣るかもしれない。それでも自分には自分のプレーがあると信じてピッチを駆け回った。

「僕には僕の特長があって、テクニックというよりはフリーランニング、キックのところなど、そういった部分を出したかった」

 その言葉通り、運動量豊富に後方と前線をつなぐリンクマンとして走り回り、相手のギャップを突いてポジショニングすれば、シンプルにはたいてリズムを作る。ピッチの至る場所にその姿はあり、中盤でボール奪取に貢献したかと思えば、ゴール前でフィニッシュに関わろうと、周囲をサポートした。

 意識していたのは「(相手エリア内の)ニアゾーンを取りにいくこと。ランニングは自分の持ち味。献身的に走って味方のスペースを空けたかった」と振り返る。

今季はインサイドハーフとしてプレー。高い運動量も光る。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 下田は川崎が悲願のリーグ制覇を成し遂げた翌年2018年に湘南から加入。独特とも言える川崎のパスサッカーへの順応に苦労したが、4-2-3-1のボランチで“バイプレーヤー”としてチームを支えてきた。だからこそ今季のシステム変更によるインサイドハーフへの挑戦は当初、葛藤もあったという。

「フロンターレに入って最初ボランチをやって、止める・蹴るなどチームのスタイルをすごく教えてもらい、吸収できることを吸収して成長してきたつもりです。ただ、フォーメーションが変わって、最初は抵抗感があったのも正直なところでした。せっかく形になってきたものを手放すではないですが、少し違和感があったというか……」

 それでも、新型コロナウイルスによる中断期間を利用して頭を整理。同じシステムを使うバルセロナやマンチェスター・シティ、リバプールの映像をチェックし、「立ち位置で相手を困らすというか、良いポジショニングをできれば試合を優位に進められると思う」と、4-3-3で最も大事だと感じているというポジショニングを学んだ。
 
 だからこそ「今は気持ちを切り替えてポジティブに取り組めていますし、選手として幅も広がるかなと感じています」と前向きだ。

 今後の課題は「もっとゴールに絡む。自分で点を決め切るところをやっていかなくちゃいけない」と話す。自慢の左足は強烈かつ正確で、プレースキッカーとしても活躍する。見せ場でスタンドを盛り上げたいところだ。

 そして「出た選手が良いプレーをする。良い競争のなかでやれているからこそ、与えられたチャンスにしっかり応えたい」と気持ちをぶらさない。

 この後、18日の18時から迎える5節・横浜FC戦で出番が回ってくるかは分からない。しかし向上心を決して忘れずに献身的にチームのためにプレーし、クオリティを示す下田のような存在がチームの幅を広げる。川崎の選手層の厚さは、こうした好プレーヤーたちが支えているのだ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【川崎】セットプレー強化の理由。光る脇坂泰斗のキック精度と戸田コーチらスタッフの存在
【川崎】熊本に元気を!横浜FC戦へ車屋紳太郎が期待するのは大津高の後輩FW一美和成とのマッチアップ
【川崎】戻ってきたサポーターのいるスタジアム。谷口彰悟と家長昭博に訊いた観衆の力
【川崎フロンターレの最新序列】新布陣4-3-3は盤石の陣容。注目は完全復活を目指す小林&中村の巻き返し
【川崎】“リアル脱出ゲーム”とコラボ!街を歩いて選手にまつわる謎解きへ…地域活性化も視野

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ