• トップ
  • ニュース一覧
  • 【鹿島】大不振が嘘のような大量4ゴール! “ケチャドバ”をもたらしたザーゴ監督の起死回生の一手

【鹿島】大不振が嘘のような大量4ゴール! “ケチャドバ”をもたらしたザーゴ監督の起死回生の一手

カテゴリ:Jリーグ

小室功

2020年07月20日

「どのチームよりもチャンスは作っている。あとは決めるだけだ」

泥沼の公式戦6連敗。ザーゴ監督が打った大胆な手が横浜戦で吉と出た。写真:田中研治

画像を見る

“ケチャドバ”とは、まさにこういう現象を言うのだろう。

 シーズンインから6戦全敗でわずか1ゴール。しかもその1点はオウンゴールと、暗闇のなかにいた鹿島がここまでの不振が嘘のような大量4得点で、昨季のJリーグ覇者である横浜を粉砕したのだ。

 2得点を挙げて、“ケチャドバ”の口火を切った今季初先発のFW上田綺世は「何かを変えてやろうというより点を取ること。その一択しか考えていなかった」と、ゴールへの執着心を打ち明ける。
 
 決まるときは決まる。決まらないときは決まらない。根拠があるようで、すべては後付けのような決定力という領域。強いから勝つのではなく、勝ったから強い。サッカー界に伝わる、その話にどこか似ているが、厳しさを増す周囲の評価を覆すには勝利のためのゴールが必要だった。
 
「どのチームよりもチャンスは作っている。あとは決めるだけだ」
 
 ゴール欠乏症について問われるたび、指揮官は強気の姿勢を崩さなかったものの、第4節の浦和戦に負けたあとのオンライン会見では、どこか目がうつろだった。長年、勝負の世界で生き、酸いも甘いもかみ分ける、さすがのザーゴ監督も「これだけ得点を決められないのは現役時代を含め、初めての経験」と、想定外の事態に胸中は穏やかではなかったはずだ。

 ゴールを決めるために、何を、どうすべきか。「みんなで頑張ろう。今やっていることを続けよう」といった類の話だけではなく、横浜戦に向けての1週間の準備期間のなかで、ザーゴ監督が打った手は大胆な“変化”だった。

 クラブ伝統の4-4-2から4-2-3-1にシステムを変え、ボランチより前の4人のスタメンと並びもいじった。中断明けの2トップはエヴェラウドとファン・アラーノ、右MFが土居聖真もしくは染野唯月、左MFが和泉竜司だったが、上田綺世を1トップに置き、その後ろに左からエヴェラウド、遠藤康、ファン・アラーノを並べた。

 今季初めての布陣だけに「よくいえば臨機応変、悪くいえば行き当たりばったり」と、批判される可能性も無きにしも非ずだが、終わってみれば吉と出た。
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島4-2横浜|東京五輪候補ストライカーが本領発揮! 連敗ストップの立役者にトップ評価の「7.5」
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
「格の違いを見せたかった」U-19日本代表、FW染野唯月が紅白戦で猛アピール! 鹿島の逸材ルーキーがこだわり続けるモノ
あのブラジル人J戦士はいま【第1回】ビスマルク――「自分のような選手を助けてあげたかった」
【鹿島】「より爆発的な攻撃力」を出すために。上田綺世が見据える“殻を破った”その先

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ