【川崎】復帰戦で2ゴール!有言実行の小林悠が見せた勝負強さ

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2020年07月19日

ハットトリックできるチャンスも

2ゴールの活躍を見せた小林。復帰戦でさすがの活躍を見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第5節]横浜FC1-5川崎/7月18日/ニッパツ

 川崎に頼もしい男が戻って来た。5-1で勝利したJ1第5節のアウェー横浜FC戦、勝負強さを見せたのが、これが復帰戦となった小林悠だった。

 小林は6月15日に、右膝関節内遊離体の除去手術を受けて、リハビリに専念。その間チームは3戦3勝と結果を残し、小林にとってはアピールが必要な状態での復帰戦となっていた。

 小林がピッチに立ったのは60分。チームは横浜FCの攻勢を受け、ピッチ脇で交代を待つ小林の目前で失点。1−1になった場面での出場となった。

「調度、(三笘)薫とピッチに入る時に失点したので、ちょっと分かりやすくなったな、という話はしていました。やることがはっきりしたねという会話をして」と交代直前の三笘との会話を振り返った小林は、さらに「そこ(交代のため、ピッチ脇)に立つ前から薫と、俺らで点を取るぞと話はしていました。薫がPKをもらってくれて良かったです」と今季初ゴールとなった75分のPKの裏話を披露した。

 チームは小林の交代出場後にペースを掴み返したが、その点については「チームとしても入る時に前にパワーを出せていませんでした。そういう交代だと思います」と鬼木達監督の意図を汲み取り、期待通りのプレーを見せている。

 その小林は今季の目標について「得点王を目指している」と明言。怪我もあって「出遅れたという感覚はありました」と口にする。だからこそ「少しの時間でも絶対に点を取るという気持ちはありましたし、上との差を少しでも縮められるように、とにかくゴールを意識してやりました」と力強かった。


 
 そういう意味で、有言実行の2得点は見事。緊張感のあるPKはもちろん、チーム4点目となった83分の一撃は反転してからのファインゴールで、横浜FCの気持ちを折るのに十分な追加点だった。

 30分と、アディショナルタイムの出場ながら、ハットトリックのチャンスもあっただけに「もちろん、もう一点取りたかったですし、取れるだけ取りたいなと思っていました」と悔しさも滲ませたが、まずはチームの勝利に貢献できた働きぶりを称賛したいところ。

 ちなみに小林は自らの手術について報告した6月17日の「手術」とのタイトルのブログの中で「復帰戦でゴールを決めるイメージもバッチリです。今までもそうでしたし、必ずパワーアップして帰ります!」と書き残しているが、まさにその通りの2得点となった。

 パワーアップして戻ってきた小林には活躍を続けてもらい、チームを連勝街道に導いてほしいところだ。

取材・文●江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ