【J1採点&寸評】広島1-2C大阪|ドリブルで違いを生んだアタッカーがMOM。3戦未勝利の広島は軒並み5以下の低評価に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月19日

広島――前半に主導権を握られ、後半はミスから失点

【警告】広島=藤井(48分) C大阪=なし
【退場】広島=なし C大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】坂元達裕(C大阪)

画像を見る

画像を見る

[J1リーグ3節]広島1-2C大阪/7月18日(土)/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 5

前半は相手に主導権を握られて先制を許す。後半もミスから先に失点して試合が難しくした。

【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 5

2失点目は股を抜かれた。つなぐ時と蹴る時の判断が良くないシーンもあった。

DF
2 野上結貴 5

清武のマークをはっきりとできなかったことで苦しんだ。後半は高い位置も取ったが、あまり効果的ではなかった。

23 荒木隼人 5
クロス対応は安定感あったが、C大阪の2トップをうまく捕まえられず起点を作られた。

19 佐々木翔 5
足元のクロスをクリアし切れずオウンゴール。守備がハマらない場面も多く難しい試合だった。
MF
44 ハイネル 5

前半から守備で後手に回っていた。後半途中から中央でプレーして即興で好機も作った。

8 川辺 駿 4.5(55分OUT)
後半の開始早々に自軍でボールロストして与えた失点は痛恨だった。らしさを出せないまま交代。

6 青山敏弘 5.5(85分OUT)
うまく試合を運べなかった。際どいミドルシュートもあったが、キム・ジンヒョンに阻まれた。

16 清水航平 4.5(HT OUT)
坂元のドリブルを止めることできず失点を招く。攻撃面でも高い位置を取れなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ