【川崎フロンターレの最新序列】新布陣4-3-3は盤石の陣容。注目は完全復活を目指す小林&中村の巻き返し

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年07月10日

3トップはチームを牽引

川崎の最新序列。
㊕=特別指定選手

画像を見る

 2月の開幕から、コロナ禍での約4か月の中断期間を経てJ1リーグも7月4日から再開された。“第2の開幕”とも言える、第2節、3節の2試合を終え、チーム内でも変化が生じている。スタメン争いの構図や今後の台頭が予想される若手などを踏まえ、川崎フロンターレの最新チーム序列を紹介していく。

―――◆――◆―――
 
【FW】
 今季から3トップを採用。中断前のリーグ開幕戦を含めて、右から家長、L・ダミアン、長谷川の3人が3試合連続で先発しており、好調のチームを牽引している。もっともベンチに座るメンバーも豪華だ。中断期間の練習試合で結果を残した大卒の旗手、アカデミー育ちの宮代も調子を上げており、経験豊富な齋藤も控える。加えて注目は6月15日に右膝を手術するも、すでにトレーニングに部分合流している小林だ。L・ダミアンとCFの座を争う男が本領発揮なるか。鬼木監督がふたりのストライカーをどう活かすのかも非常に興味深い。

【MF】
 アンカー・田中、インサイドハーフ・大島&脇坂の組み合わせが現状のファーストチョイスだ。2節の鹿島戦こそバランスを崩すシーンが見られたものの、快勝した先のFC東京戦では3人それぞれが好パフォーマンスを披露。一方でアンカーとインサイドハーフを務める守田も虎視眈々と定位置奪還を狙っており、インサイドハーフには下田、ウイングと兼用の旗手も控える。今後、成長が期待される原田、左膝の怪我から練習に部分合流した中村らがどう絡むのかも楽しみだ。ちなみに中断期間には桐蔭横浜大のプレーメーカー橘田の来季加入内定が発表され、特別指定選手に登録された。
 
【DF】
 CBは谷口とジェジエウが好連係を示し、左SBでは登里が存在感。右SBではFC東京戦で2アシストした新戦力の山根が急速に周囲との親和性を高めている。もっとも今後の過密日程を踏まえれば、D・マテウス、山村らにも出番があるはずで、車屋はCBでの出場も考えられる。さらに日々、研鑽を積んでいるのは大卒の神谷とイサカ。前者は自慢の左足を活かしたフィード、後者はスピード、突破力と、持ち味がハッキリしているだけにデビューの時を待ちたい。

【GK】
 例年よりも最終ラインを高く設定するなか、GKには広大なスペースのカバーも求められる。その新たな役割をポジティブに捉えていたチョン・ソンリョンは安定したパフォーマンスを見せ、今季も守護神として貢献している。一方、第2GKは2節の鹿島戦で安藤、3節のFC東京戦で丹野がベンチに入っており、足もとが巧みで今季の戦い方に合っている藤嶋も意欲的に練習に取り組んでいる。今後も高いレベルの競争が行なわれそうだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ