「今季一番の“おバカ”ゴール」「おかしな1点」乾貴士が決めたバジャドリー戦の得点が大反響!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月17日

相手のミスから発生した珍しいゴールに…

乾の今季2点目のゴールが話題を呼んでいる。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間7月16日にラ・リーガ第37節が行なわれ、乾貴士が所属するエイバルはホームでバジャドリーと対戦。3-1で勝利を収めている。

 チームの2点目を奪ったのが乾だ。21分にCKからペドロ・ビガスのゴールで先制したして迎えた28分だった。エイバルの前線からのプレッシングが、敵のミスを誘発。フェデ・サン・エメテリオのバックパスに対し、GKが足を滑らせてしまい、ころころとボールはゴール方向に……。これにいち早く反応した乾が、ボールに追いつき、無人のゴールに蹴り込んだのだった。

 滅多にお目に掛かれない形で生まれた、日本代表MFの今シーズン2点目に、現地メディアも驚きを隠せないようだ。

 スペイン紙『MARCA』は「今季一番の“おバカ”ゴールだ。GKが滑り、ゴール前はタカシ・イヌイの支配下に置かれた」と報じ、『AS』紙は「イヌイのおかしな1点。バジャドリーのGKが滑ってエイバルの日本人をフリーにしたので、彼は落ち着いてゴールにボールを入れることができた」と報道。『SPORT』紙は「年間コミカルゴールにノミネートされるであろう一発だ」と伝えた。

 さらに、スペイン国外のメディアも反応。仏メディア『BESOCCER』は「無意味な試合でクレイジーなゴールの誕生。DFとGKの信じられないミスにイヌイは反応してゴール前に駆け込み、無防備な空のネットに叩きこんだ」と紹介。ドイツのサッカー専門誌『kicker』も、「バジャドリーのふたりを差し置いてフリーとなり、イヌイが珍しいゴールをあげた」と綴っている。

 形はどうあれ、昨年12月のグラナダ戦からゴールから遠ざかったいた乾にとって、嬉しい得点となったことだろう。最終節のビジャレアル戦で、有終の美を飾れるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ