マジョルカの1年での2部降格が決定!久保建英が奮闘も救世主になれず…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月17日

積極果敢にシュートを放つが…

グラナダ戦で13試合連続のスタメン出場を果たした久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 現地時間7月16日に開催されたラ・リーガ第37節で、久保建英が所属する19位のマジョルカが、ヨーロッパリーグ出場権争いに食い込んでいる10位のグラナダとホームで対戦した。

 勝っても他会場の結果によって降格が決定する可能性があるこの試合で、久保は右サイドハーフで13試合連続の先発出場を飾った。

 その久保は13分、右サイドから持ち込んでシュートを放つが、GKの正面を突く。その後も果敢にシュートを狙い積極性を見せた。

 迎えた20分、左サイドから抜け出したクチョが、エリア内でDFを切り返しでかわして右足のシュート。鮮やかな一撃で先制ゴールを挙げる。

 このまま1点リードで折り返すかと思われた前半アディショナルタイム、マジョルカはヴィクトル・ディアスに豪快なシュートを叩き込まれ、同点に追い付かれる。その後も押し込まれてピンチを招いたが、何とか凌いだ。
 

 勝点3が必要なマジョルカは後半開始早々、右SBポソのクロスにブディミルが合わせるも、この決定機は敵GKに防がれる。

 その後も60分にはセビージャのFK、65分には久保が狙いすました左足のシュートで敵ゴールを脅かす。66分には、ハーフウェイライン付近でマーカーをかわした26番が右サイドから一気にゴール前に持ち込むが、味方にパスを通すことができなかった。

 そして69分、敵のシュートコーナーからカルロス・フェルナンデスにヘッドを決められ、逆転を許す。

 負ければ降格決定のマジョルカは、さらに80分にDFセドラルがラフプレーで一発退場。最後は猛攻を仕掛けたが、守備を固めるグラナダ戦のゴールをこじ開けることができなかった。

 このまま1-2で敗れたマジョルカ。1試合を残して、昇格から1年での降格が決定した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


【動画】「不可能な角度から…」久保建英の超絶トリックシュートはこちら

【動画】圧巻ドリブルから生まれた久保建英の今季4点目&お辞儀ポーズ

【動画】敵DFヒメネスが激怒!久保建英の圧巻2人抜きドリブルはこちらから

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ