「その進歩がマドリーに迷いを…」スペイン全国紙が久保建英の来季の去就を予測! 「現時点でファーストチョイスは…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月14日

「30クラブからオファーが届き…」

日進月歩の勢いで成長を続ける久保建英の去就が注目度を高めている。 (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 今シーズンのラ・リーガが終幕へと向かうなか、レアル・マドリーからマジョルカへ期限付きで移籍している久保建英の去就が注目され始めている。

 昨夏にレアル・マドリーからマジョルカに期限付きで入団した久保は、1年目のラ・リーガで32試合に出場して4ゴール・4アシスト。とりわけ中断前後のパフォーマンスは圧巻で、マジョルカのビセンテ・モレーノ監督も「偉大な選手になる可能性がある」と舌を巻くほどだ。

 残留争いで崖っぷちに立たされているマジョルカにあって明らかな違いを見せ続けている久保。そんな19歳の超逸材の来シーズンの動向についてマドリーの贔屓紙としても知られる『AS』が、改めて報じた。
 
 同紙は、マドリーがリーグ再開後の久保のパフォーマンスに「とても満足している」としながらも、クラブのさまざまな事情から「現時点での来シーズンのファーストチョイスは、再び期限付き移籍に出すことだ」と綴っている。

「シーズン終了後、彼の将来に関する問題を解決する時がやって来る。しかし、現時点でマドリーのファーストチョイスは、再び期限付きで移籍させることにある。6月からのクボの進歩はマドリーに迷いを生じさせたが、すでに獲得に固執するパリ・サンジェルマンを含む約30クラブからオファーが届いている。

 だが、ヴィニシウス、ロドリゴ、ミリトンで完全に埋まっているEU圏外枠が、クボをマドリードに残らせることを阻んでいる。ただ、マドリーでのプレーを望むクボは、今週に残されたラ・リーガの2試合で最後の強力なメッセージを保有元に送ることを望んでいる」

 さらに記事では、「クボは今シーズンの終盤が、ジダン監督が考える来シーズンのメンバーの中に自分の居場所があることを示すチャンスと捉えており、今は自身のサッカーが正しいことを証明している」としてマドリー残留の可能性も完全には消えていないことを伝えた。

 一部のスペイン・メディアでは、新天地の候補としてレアル・ソシエダやベティスの名前が浮上していたが、果たして――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ