好プレー連発の南野拓実に“洗礼”!? 元マドリー戦士の危険なチャージが物議「完全に潰しに…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月16日

クロップも「グッド!」と褒めた南野に…

チームの攻撃を活性化させるエネルギッシュなプレーを見せた南野(右)にセバージョス(左)が繰り出したタックルが物議を醸している。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間7月15日に行なわれたプレミアリーグ第36節において、リバプールの南野拓実がアーセナル戦で躍動した。

 先発起用された30節のエバートン戦以来となる30分以上のプレー機会を与えられた日本代表FWは、投入直後の62分に巧みなオフ・ザ・ボールの動き出しからサディオ・マネのパスを引き出して惜しいシュートを放つと、その後も相手DFに的を絞らせないアグレッシブなプレーを披露。指揮官のユルゲン・クロップからも「グッド! タキ(南野の愛称)!」と賛辞を送られるハイパフォーマンスを見せた。

 火付け役となった南野の登場が、ゲームをリバプールが一方的に押し込む展開へと持ち込ませたことは間違いない。それだけにアーセナルの守備陣も25歳の日本代表FWにフラストレーションを溜め込んでいたのだろう。

 完全にワンサイドゲームと化していた後半アディショナルタイム1分には、ダニ・セバージョスが、空中のルーズボールを処理しようとしていた南野の後方から力任せにタックル。ボールを見もせず、故意に身体をぶつけにいったスペイン代表MFには、イエローカードが提示された。

 この元レアル・マドリー戦士の危険なプレーには批判の声が上がっている。試合後のツイッターでは、リバプールとアーセナルの両ファンから次のようなコメントが目立った。

「あれはレッドでもおかしくない」
「完全に遊ばれた証拠」
「あの空中にボールがある状態でのセバージョスのチャレンジは、完全にミナミノを潰しに行っている」
「悪質なプレーだ」
「アーセナルのファンだけど、これは退場と言われても擁護できない」

 明らかなレイトチャージであったが、警告を受けても悪びれた素振りを見せなかったセバージョスの表情から推測するに、そのタックルは、好プレーを連発した南野に対する“洗礼”だったのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ